PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009年春京都其の五

山科疏水です。

山科疎水

菜の花と桜と川。
天気が良くて最高です!
山科疎水

幸い太閤行列開始の13時までは余裕があるので決心付くまで小野でぶらつくことにしました。
小野といえば世界三大美女で才女と誉れ高き小町殿。

小野小町といえば隋心院!桜がチラりと見えます。綺麗じゃないの。
随心院


こういう張り紙あります。きっとこれも季節限定とかなんですよ。
隋心院

殿方を命尽きるまで百夜通いさせてしまう(伝)程ならお目にかかってみたいものですな!ですな!
随心院を一通り廻りしてみたところで泉涌寺と似たアレをすることにしました。


今回は写仏!仏を写すと書いて写仏!


写仏を申込むとカタログよろしく数種の図案を渡され、その中から1枚を選択するようにと言われます。
千手観音から干支ごとの本尊までバリエーションは案外広くて迷います。
干支の阿弥陀如来にしようと思ったけどここは敢えて隋心院のご本尊。
図が細かければ細かいほど萌え 燃えます。

○観音様を半紙に写す前に行うこと○
合掌→墨をする→般若心教(心中で唱える)→合掌

写仏!

般若心教はちょうど1年前に嫌というほど唱えたもので懐かしさを憶えます…。
取り合えず一筆目は頭部の飾部分から。開始時間はちょうど12時前くらい。
凡その所要時間が1~3時間ということなので醍醐寺はこの時点でスッパリ諦めました。
(むしろ諦めたかった感じ)。

写仏!
これで20分くらい経った頃。
千手観音は装飾も手もやたら多いのですが、細々とした部分より曲線や直線の方が描きにくい。


写仏!
これで70分くらい経った頃。さすがに脚に疲労が溜まってきます(正座中)。
結局描き上げたのは1時間半が経過したくらいでしょうか。


終わったよー!
写仏!


こういう達成感すごい久しぶりだー!お昼ご飯すらすっ飛ばしましたが満足です。
一旦写仏したものはお寺に納め、後日郵送して頂くことにしました。

○小野から山科を経由して京都駅○
今回は15時台、早すぎですがもう時間的に打ち止めー。
墨染も行きたかったけどもう新幹線だけは逃せない。
いい加減に私も学習する人間ですので。


そういえば京都に妙心寺展が戻ってきていましたね。
お帰りなさい。私は帰りたくないけど帰ります。
昨年より見た桜は少ないけど(原谷苑があったからね)今回は人が少なめのゆったりコースで見れたので春京都はこれで一旦終了。


○今回のお土産リスト○
京小町もりの「ちりめん山椒」
中村藤吉郎の「抹茶ゼリー 黒豆茶団子」
随心院の「般若心教教本」(タダ)
本家玉寿軒「茶通」
尾張屋 「蕎麦餅」
中村藤吉郎以外はオトモダチのお土産です。
茶通も蕎麦餅も私が食べたいもの。東京でも買えるのはこういうときにネックだけどもまぁ良い。
本当は大好物の陸奥のお徳用松風も、
亀屋良永のしたたりも、
美玉屋の黒蜜団子も欲しかったけど松風重いし…。



○オ・マ・ケ○


帰りの新幹線内で食べた下鴨茶寮のお弁当

下賀茂
手が攣りそうになった写仏で結構精神力を使い疲れていたので栄養補給タイム。
今まで食べた有名店のお弁当(in伊勢丹B1内)でもこれは美味しかった!
春の行楽弁当と銘打った中身は筍ご飯、それと鯛に鴨ロース。
海老のすり身揚げなどおかずが凝ってますね。
お店に行ってみたいが今は叶わぬ願望…。
本当は俵屋のお弁当とか予約したいけどそこまで思い切れないし。


それから2週間ばかり経った頃、隋心院から我が家に千手観音様がやって来ました。

合 掌 。








| 京都 | 10:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

春の山科

桜と菜の花のコントラストが良いですよねえ。一度疎水伝いに
蹴上まで歩いてみたいものです。
毘沙門堂から更に左のわき道を数分歩くと「蕎麦高月」があって、
そこの蕎麦会席は結構気に入っています。
写仏は見事な出来栄えです。絵心ある小マメさんだから
それだけ描けるんでしょうね。
私も最近スケッチを始めたのですが(まだ5枚)、物を描くと
いうのは本当に難しい。でも、絵を描く為に見詰めるという
のは、ただ漫然と見るのとは違って、実に勉強になりますね。
普段如何にいい加減に物を見ているか、ということを思い
知らされます。

| なかやん | 2009/10/03 01:39 | URL | ≫ EDIT

いい日でした♪

→なかやん師匠

お返事遅くなりましたー。
見事な晴れだったので本当に気持ちの良い日でした。
桜は終わりかけでしたけど、この頃は菜の花はまだまだ綺麗ですね。
そうですか!馳走高月はあの辺りだったのですね。
惜しいことをしました…。

写仏は下絵をなぞるものですから線の太さを気をつければ何とか見られるようです!
確かに絵を描くには観察眼は必要かもしれませんね。
が、私は美術的な絵の描き方(透視法等)があまり出来ないので落書き程度で描き散らしてます。
うーん、光源くらいは理解したいのですが…。
最近は動物をよく描きます。(弟子のスケブは謎の絵でいっぱい)

師匠のスケブ、今度蕎麦屋で飲みながら見せてくださ~い!

| 小マメ太郎 | 2009/10/08 17:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/624-b68f6d1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。