PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009春京都 其の四の…

4月12日   ~桜の時季に紅葉の名所 ~



…昨日の真如堂といい思いっきり紅葉の名所巡りしてるけど気のせいです。予習です。
山科駅に集まっている人は軽くハイカーのような服装なので山登りかと思ったら向かう方向がまるで一緒?


階段

こ れ か 。

毘沙門堂正面階段がコレか。
フラッシュバックするのはあの8月猛暑の狸谷山不動尊参道
よりは楽勝だけどマダムたちが階段の途中で休憩するくらいの急勾配。


毘沙門 桜
毘沙門さんの桜です。やはりちょっと遅かった…!
聞いた話によると水曜あたりが満開だったそうな。惜しい!

毘沙門堂
緑に埋もれる…いいなぁ。

・・・行く?
いいいい行きませんよ…!!!!!?勘弁してー。


毘沙門堂 額縁
天皇行幸のときのみに開かれた勅使門(名称わからん)。
ステキな額縁じゃないですか。俗に言う「開かずの門」というやつです。

毘沙門堂
あおりはこんな風景です。なだらかな階段…何?この差…。


本堂の内部、出入口付近に置いてある常香盤に火をつけるまでの手順を見せて頂くことができました。
以下常香盤の説明
正方形の中に敷き詰められた砂に「卍」の溝。これは「卍」を4つに分割した型(匣の4/1の大きさ「L」)を乗せ上から燃香を乗せでトンボの要領で溝を埋めます。型の向きを変えながら専用の板を使い溝にそって押す作業を4度繰り返すと綺麗な「卍」が出来上ります。溝は繋がっているので導火線みたいにジリジリと香に火がついていくという仕組み。例えるなら蚊取り線香が一番分り易い。卍のパーツは4つで出来ているので香が切れたところから順次型押しをして繋げていくわけですが

私がやったら間違いなく型の向き間違えると思います。


知識を肥やした毘沙門堂の帰り道にちりめん山椒を買いました。
(ここ美味しい!また行こうっと)
お店の方と話しているうちに先週末の醍醐寺がエラい大変な状況だったと知り急に怖気づいた私。



さぁどうする。

| 京都 | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/620-66c86fdf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。