PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都お受験戦争勃発②-2

12月14日    ~ 羨望 ~



キャンパスっていいな!


同志社



そうですね




大学の敷地は建物のみという悲しい悲しい学生ライフを送ってきた自分にとっては同志社大学のキャンパスというのは眩しすぎるほどの存在感…!
お洒落でいかにも伝統ありそなレンガ造りの建物、大きな木は今イルミネーションで夜は綺麗なツリーになるのだろうか…。

ついに試験当日を迎えました。
来たなという実感がじわじわする看板を目の当たりに…
・・・

思った以上に感じる周囲の必死さ。
公式テキストに大量の付箋、ラインマーカー、オリジナルノートetc.
これは「ご当地検定」の域を越えている気がします。

これは数年前にイヤというほど見た光景そっくり、というかそのもの。
あの2日間に渡り5教科をこなさなければらない大学への登竜門…あの辛い冬の時代。
要はあの真ん中試験のようなのです。

そうか、これは受験戦争なんだよな…。

自分のような半端者は隣の紳士のリングノートの真っ黒具合にすっかりビビッてしまう私。
試験時間はキッカリ90分間。
実は小マメ太郎は腕時計が無かったため(後日の日記をご覧ください)試験会場の時計を宛てにしてたのに掛け時計すらありませんでした。
勿論携帯電話の電源はお切りください…です。


やがてコツコツと響く鉛筆の音…。うわぁ…思い出す!!!!!

時計がなくて不安でしたが結構時間に余裕を持って終わってしまいました。
※ちなみに時間の早さと正解率は比例しないのだが。

小マメ太郎は併願のため午後も試験があるので3級の出来を気にする間もなく2級の準備…じゃなくて一旦大学を出てランチ探しに出かけました。


時間に遅れたらそれこそ大変なので近場で探さねばなりません。


次は息抜きランチ篇。

| 京都 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/547-6314a3e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。