PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都お受験戦争勃発①-3

12月13日 夜  ~ 壮行会 ~


同日討ち入りされた我が師、なかやん師匠とにこらで夕飯。
初夏以来のにこらでしかも師匠とご一緒とは…ありがたき幸せ。
夜から合流の姉共々よろしくお願いします…!(緊張)

結構この日は色々な種類を頼みました、お酒も料理も。
ビール、獺祭(温)2合に黒龍、神亀、悦凱陣(あと何でしたっけ?)



1人2品行きましょうってことで 
聖護院大根のふろふき そば味噌添え
蕎麦寿司
〆鯖のカルパッチョ
鰤のオランダ煮
鴨つくね
京海老芋の唐揚…特に海老芋と鴨つくねがウマウマでした。

サクッの後にホックリ。イヤー!美味しすぎる、ズルイ!
京海老芋

肉のうま味詰まってますと言わんばかりの鴨つくね
食べ応え有りました。
鴨つくね

これだけだ飲んだからお酒もそれなりになるわけでして。
料理が無くなったところで今度は牡蠣(カキ)の西京味噌漬。こちらはほんのりカレー風味です。
牡蠣
ギュギュっとした歯ごたえが堪んないです。(カキフライ食べたい)



実はラストオーダーを取りに来られるまで蕎麦に行きつかなかったのですが。

温蕎麦の気分だったので聖護院かぶら蕎麦。
冬のにこらで食べたかったメニューです。
正護院

いつも悩みまくる私がのび太の就寝並み(3秒)の早さで決めたのはある意味奇跡。
京都で食べたかぶら蒸しは大好物です。
聖護院

とにかく汁が透き通っていて前にもにこらの温蕎麦を食べたけど新鮮というよりも何やら驚愕に近い。
ここまで関西の「出汁文化」を見せ付けられると…これもカルチャーショックっていうのか。


明日は午前中から机とお友達なのに思いっきり置き去りにして楽しんでました。
多分ですが京都の話だけなら日付越してますね…。

師匠は師匠なので午後
午前・午後連チャンなのは弟子のこの私だあちゃー。


ラストまでいましたけど京都の(蕎麦屋の)夜はやっぱり早いと思いました…。
翌日が勝負です。



| 京都 | 11:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小マメさん今晩は。遂に京都でご一緒できましたね。
大豆姉上様にもお目に掛かれ、最高に楽しいひと時でした。

にこらの酒肴と蕎麦、どれもこれも旨かったです。
酒を飲むから肴が足りなくなるのか、肴があるから
酒を追加してしまうのか、いずれが卵かニワトリか。

翌日の討入に備え、軽めにとは思っていましたが、
夢のような楽しさに時は容赦なく過ぎ去り、何とか
お店の閉店時間に救われました。いつか夜を徹して
京都を語り合いたいですね。

| なかやん | 2008/12/27 01:16 | URL | ≫ EDIT

→ なかやん師匠

こちらこそ楽しかったです。大豆共々お礼申し上げます~。
有意義な時間とはこのことを言うのでしょう。
こにこらの冬限定の蕎麦も食べられて満足です!
師匠と話していて自分は見てもいないところが多いなと実感したのであります!それに加えて季節ごとに○○の特別公開までされては…。
もし夜営業だったら翌日は説明を聞きながらうたた寝してたに違いありません。

8月もほぼ同じ日程でしたから、どこかでバッタリお会いしてもおかしくない状況でしたね。
京都も狭いようで広く、広いようで狭い…(どっちやねん)。
これからは行事毎に訪れてみたいですが有休使い切ってしまいそうです。

| 小マメ太郎 | 2008/12/29 09:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/546-fd3ee54b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。