PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月の5日間日記④

8月14日  ~ 剣豪様 お不動様 ~

「やァやァやァ 遠からん者は音に聞け 
近くばよって目にもみよ 
我は京都の前田コーヒー本店なり~!」

前田
筋肉痛なってなかった翌14日のモーニング。
傍に支店が2つあってどちらも負けず劣らずですが明倫店のほうが知られてるかな。
東京はUCC(上島)京都ではOCC(小川)の看板を目にしますが、喫茶店が社交場になっている京都では名店が星のように存在しており実に羨ましい。いわゆる純喫茶というお店が多いのも京都。

前田さんにはイノダさんのようにモーニングタイムには単品がないようです。
前田
クロックムッシュとカプチーノ、カップが素敵ですよ。

エネルギーチャージして最寄のバス亭から5番に乗って早々と叡電コース巡りなのです。
(この元気さを平日に発揮できないのはなぜじゃろう)
一乗寺周辺で下車して朝一に訪れたのは詩仙堂。
詩仙堂
500円のバスカード範囲外ですのでご注意下さいませ。
名庭を楽しむには込み合う前に行くに限りるのですが10時台にして尋常じゃない暑さ…。
小一時間ほどでしたがあまりに静かでまどろみたくなります。
中国の詩家はどなたも有名なのでしょうが、李白以外に記憶から呼び起こせる人がいませんでした。(えー)
詩仙堂
添水の良く響き渡る音を聞くためにも、確かに朝来たほうが良さそうです。

そのまどろみ詩仙堂の先にやたらと目につく宮本武蔵の名前。
八大

八大
か、かっっちょええー!
宮本武蔵
野望燃える一条寺下り松!眼下の敵73人!武蔵生死一路に立つ!
(自分は京都で宮本武蔵といったら三十三間堂なのですが)
どういうストーリーなのかは存じませんが頂いたご朱印にトキメクことになります。
ご朱印にシッカリ剣豪の姿が…。これは今までにないタイプ(笑)



とまぁここまでは良かったのですが。
…この後予想だにしなかった展開に。

地元のタクシー運転手さんがこぞって拝み倒すという京都屈指の交通安全祈願場所が超有名な狸谷山不動尊がこの八大神社の先にあります。
最近あんまり運転しないけれどついでに拝んでいこうと思ったのがそもそもの間違い。
いやね、いくら「狸谷山」って呼ばれてても名前だけだろうと判断した自分が悪いとは思うんですけど。
有名だからんな辺鄙な場所にあるはずがないという先入観も手伝ってしまい…


神様仏様お不動様 大 変 申 し 訳 ご ざ い ま せ ん で し た。

 進む道が明らかに車道                  健康階段250段の文字
狸山 狸山

…に加えてどうしようもない暑さ (修行か、修行なのか!)

一抹の不安を抱えつつ暫く歩くと出会うのがお狸様と何故かタイガーズの石碑、その先に
階段の上に誰か…いた 
狸山
!!!!  ホゲー!
狸山
アワワワ…(ガタブルガタブル)

だって階段で足元見て登っていてふと顔をあげたら突然人がいるんだも…!

薄暗い、人はいない。よもやこんなところで恐怖体験をするなんておもわなんだ。
冷や汗をかいて俄かに涼しくなりました…。

250段の階段なぞこの恐怖の前では何でもないです。
しかしそれを登ったと思ったら今度は男厄を祓う階段、その先がやっと社務所です。
ご朱印と交通安全のシール、それに足腰のお守りを受けました。

冷たいお絞りが涙が出るほど嬉しかったです…人と会えたことも



圓光寺で涼の音

お天道様が真上に差し掛かるころは日陰も短く逃げ場がないツライ時間帯。
訪れた圓光寺の水琴窟から聴こえるカラコロした音に疲れが癒されていきます。
圓光寺
今は始終聴こえますが、昔は10秒に1回程度だったそうな。
しかし確かに涼しくなる、昔の人は賢いな…。

圓光寺の縁台で関係者には見えないおじさんから圓光寺の歴史から京都のお寺事情までを聞かせて頂きました。檀家さんにしても詳しすぎます、絶対只者ではないと思う。
不思議に思いながらも話し込むこと小一時間あまり。
圓光寺
その中で出た村山たか女を存じ上げませんでしたから「鷹匠ですか?」といったら笑われてしまいました。
へぇ、あの井伊大老のね…。どうやら授業の範囲外だったようです。
同じく京都の金福寺と並んで縁の深いのがこの圓光寺だそうで、お墓はこちらに。

目の前の庭の石は十牛図の牛を模しているそうです。お、それなら知ってるぞ!
やっぱりこうして人に聞いた方が勉強になりますねー。

圓光寺

日光の東照大権現と縁の深い(お墓がある)圓光寺の裏手からは京都市内が見渡せます。
徳川家康の歯がこちらに埋葬されているのだとか…。

圓光寺


圓光寺から叡電の駅に向かう頃にはお昼に良い時間でしたので、次はランチを書きます(予定)。

| 京都 | 12:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今日の午前中、大丸の裏あたりにいたのですが、最近、あのあたりにも数軒、上島珈琲があります。烏丸あたりは前田珈琲も目立ってますね。でも、個人のお店がどんどん無くなっていくのは、かなしいです。座っただけでいつもの注文わかってくれて、何気ない世間話を店の方と話して。

あっ、「いえもんカフェ」行ってきました。朝ご飯からすごいし、ネットもできるし、お庭も綺麗で、それに三条側にはテラス席もあって。

| さいとう | 2008/09/13 22:45 | URL | ≫ EDIT

狸谷不動まで制覇するとは!?あそこは車で行くところですよ!!!歩いて登るなんて無謀です。
それにしてもすごい!探求心と好奇心にに脱帽です。

| kamogawa35 | 2008/09/14 09:36 | URL | ≫ EDIT

前田コーヒー、詩仙堂、良いですねえ。詩仙堂の庭は好きな京都の庭のベスト5に入ります。今年の2月に雪の詩仙堂の庭を見ましたが、息を呑む美しさでした。真夏も人がいなくて良いですね。圓光寺は行ったことがありません。狸山不動も同様です。金福寺は蕪村好きの私としては外せないところです。ここに行くと録音解説で村山たか女を説明してくれます。

暑い中ひいひい言いながら寺社に向う横を、ハイヤーや自家用車でスイスイ通り過ぎる方が良くいらっしゃいますが、あれでは折角のご利益も薄まろうと言うものです。バスと地下鉄と自らの足、これを駆使してこそ真の京都通と言えましょう。

| なかやん | 2008/09/15 00:45 | URL | ≫ EDIT

→さいとうさま

お店に行くとわかりますね、あの人常連さんだなーって。
やたらと給仕さんと親しいから(笑)
新旧混在してても崩れないのが京都でしょうか。

いえもんカフェ今度行ってみますね。やはり朝かな、と。
さいとうさんはイノダのあんみつとか食べたことありますか?気になって気になって。
最終手段は東京店しかありません…シクシク。

| 小マメ太郎 | 2008/09/16 18:23 | URL | ≫ EDIT

→ kamogawa35さま

覚悟したわけじゃなかいのが幸いだったのか、暫くは近づくのは遠慮しておきます~。
本当にあの銅像には驚かされました。
恐怖以外の何者でもありません…。
もう免許書き換えまで無事故無違反であることを願うばかりです!

| 小マメ太郎 | 2008/09/16 18:24 | URL | ≫ EDIT

→なかやん師匠

雪の詩仙堂の庭も見たいです。蝉がじーわじーわ鳴いている中、日陰で庭を眺めるのもまた良いものですが。

もう本当に恥かきました。たか女を鷹匠って…(苦)。
でも良い人にめぐり合いました。圓光寺には欠かせない名ガイドありです。

私はウッカリ堀川通りをひたすら南北に歩く癖がありますが結構あれもしんどいですね。
京都駅から堀川今出川まで夏場に歩くと堪ったもんじゃありません。途中で茶道会館で観賞しながら冷房のお世話になるのも楽しい過ごし方でした。

| 小マメ太郎 | 2008/09/16 18:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/504-33bd104e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。