PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏直線の京都へ!其の四

6月29日   ~ 梅雨だから覚悟はしていました ~

    

小:京都2日目は昨夜からの土砂降りの雨が止まず、朝から傘が必要なほどでした。
次:日ごろの行いが試されるときですねぇ。
小:この日は前回4月中旬に訪れた上賀茂神社で原谷苑のことを詳しく教えてくださった方と待ち合わせです。

ナレーションは同じく小マメ太郎でお送りいたします。

京都在住のkamogawa35さんは散歩の達人。
オススメの場所をお教えします、とのコメントを頂きまして、早速今回知恵を拝借しようとご連絡したところ…半日でよければご案内しますよ、という願ってもない言葉を頂きました。

小マメ太郎、ついに地元の方を巻き込んで京都巡りに繰り出すことになりました。



AM8:00過ぎに出発。それまで激しく降っていた雨は弱まり、希望が持てそうな天気。
旅の始まりは願掛けから行きましょうと懐かしい場所にやってきました。
年が変わってもお迎えありがとう。イノシシ神社こと「護王神社」です。
亥
さすがにとてつもなく大きな絵馬だけは子に変わってますが鳥居の上の亥は健在です。

昨日の白峯神宮と同じくこちらも夏越の大祓いの茅の輪の準備が始まってまいました。
白峯神宮より大きいでしょうか。1日ばかりフライングですが潜らせて頂きました。
亥
今年は30日が月曜日なので哀れな旅行者を神様見逃してください。

キッチリお参りも済ませて次に移動し、今回は嵯峨野の奥座敷を中心に案内して頂くことにしました。
最初に降りたのは大徳寺前じゃなくて大覚寺(師匠ご指摘ありがとうございます!思考能力に欠けてるとしかいいようがない…。)の霧立上る風景
日本三大名月鑑賞池、日本最古の庭池で有名な大沢池。
広沢
観月の夕べでも知られており、古来より多くの歌が詠まれてます。
水面に映りこんだ山が綺麗です。雨上がりだとまた雰囲気が違うのではないでしょうか。

田園風景も絵になります。秋には美味しいお米が…!
田圃

嵯峨野は竹林でも知られてますが雨上がりでいつもは見かける人力車が一台も通らない。

ちょっとぶれてますが面白い感じに撮れた竹林を1枚。
竹林
印象派の絵みたい…。

次:雨上がりの匂いって好きなんですよ。特にこのような場所はそれが顕著に感じられます。
小:何となくわかります、土の匂いというか。竹林は左右は勿論、その高さからか強い日差しも遮られて真夏でも涼しそうです。竹林をグルっと歩いて直指庵に。
直指庵

「想い出草」というノート、というと分かる方もいるんじゃないでしょうか。お寺によくおいてある参拝ノートのようなものです。
「何十年ぶりに来ました」という書き込みも多数見られました。
直指庵に来た者同士の交換日記的な1ページも。想いの丈をどんだけ書いても咎められることはありません。ということなのか何ページにわたって書いていらっしゃる方もいましたよ。
直指庵
ここにいると時間が惜しいなんて言ってられないなぁ。あくまでゆったりのんびり。

直指庵
昼下がりの午後などは畳の上でついまどろみたくなると思います。

4月にも訪れました二尊院です。
紅葉美しきところ、夏も目に沁みる緑との出会い。
二尊院
参道の横いっぱいに広がる見事な石段と紅葉。

お寺の名前はお寺自体を見ても一致しにくいのですが二尊院は違います。
その名の通り、本尊が二尊(双子?)あるから二尊院。
少し暗いのでお顔は見えにくいのですが二体並んでいる様子は可愛いなぁという気持ちになります…。

勝手に突ける大きな鐘は素人でもいい音が出ます。
二尊院
引くときは思いっきり、それからは軽く持つだけで充分。
ゴイィ~ンと辺りに響き渡る鐘の音は実に爽快でございます。それでもkamoさんの方がいい音してました。
除夜の鐘で失敗したくない方はこちらで年末に向けて腕を磨いては如何でしょうか。


そして更なる奥嵯峨野巡りに続きます。


| 京都 | 14:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

霧立ち上る秋の夕暮れ、ならぬ梅雨の曙ですね。大徳寺とあるのは大覚寺では。竹林の写真は私にはムンクの絵を想起させられました。ま、ただのピンボケと言えばそうですが。蹲に浮かべた花が素敵です。二尊院の紅葉の馬場は大好きなところの一つです。青葉の季節も良いですね。勿論釈迦と阿弥陀の二尊で、これは京都検定によく出ます。この朝は珍しく食い物系が未だ出てきません。楽しみです。

| なかやん | 2008/07/14 23:34 | URL | ≫ EDIT

→なかやん師匠

おお、さすが師匠!大徳寺not大覚寺です…。
大徳寺はお茶を飲み、説法を聞いたところでした。
(もう暑さで脳が溶けたか弟子小マメ太郎)
こんなんで検定大丈夫かなぁ。京都検定に関係ないところばっかり詳しくなってどうしようもありませんね。
食物・菓子に関してはイケると思うのですが。それと食い物系はご期待に添えると思いますよ^^;

釈迦と言えば最近またブッダを読み直してます。

| 小マメ太郎 | 2008/07/15 09:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/468-49e6b914

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。