PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

相変わらずヒマか?

6月8日   ~ ちょっとどころじゃない ~



これほどこのカテゴリ「独り言」に当てはまる日記もないな、そんな内容です。
(本当に読まないほうがいいと思いますが、書きたかったので…)


あまり映画館に足を運ばない小マメ太郎が…。




あ、2回目の忠告ですが 読んだらきっとやるせない気持になります。




気がついてみれば「相棒」の半券が3枚あったりしてさ。
(今のところあと1回は行きたい予定)
これほど私を映画館へと足を運ばせた映画は久しぶりで公式ファンブックも買ってしまった…。
同じく刑事ドラマより映画化された「踊る~2」以来のことです。
相棒は最初の2時間ドラマから大好きでした。それに…

水谷さんが…その、すすすすす 好きなんですよ… (ギャー恥ずかC!)

思えば同じく刑事もので、夕方放送していた「刑事貴族」がそのきっかけ。
「本気と書いてマジと読む」「刑事と書いてデカと読め」は常識ですが(そうかぁ?)
かの炭酸飲料の「デカビタC」のデカは「刑事」だとも思ってました、これが嘘じゃないから性質が悪い。
※今はその誤解は解けてます。小マメ太郎は決して皆様に有害な存在ではありません。

最近その水谷さんが相棒の公開前ということなのか、やたらめったら色々な番組に出るものだからチェックしきれなくて逆に切なくなりました。
祝日だった日に相棒コンビで出演していた哲子の部屋を見れたのは幸いでした…。
歌を歌い、部屋の主のマシンガントークを巧みに返すのを見ていると歓喜の悲鳴が出そうで出そうで。あー、出たかもしれないのですけど。

水谷さんの役は地味な場所に追いやられているエリート警部殿。
小マメ太郎、「踊る~」でもどちらかというと室井さんやら新城さんの警察官僚サイド(こちらを本店という)のファンでございまして、室井さんに至っては愛用している腕時計まで知っていたという危ない人でした。(恐らく一世風靡セピアに詳しくなったのもこれが決定打になったと記憶しています)
相棒、踊る~で共通しているのはオールバックにスリーピースがビシっと決まったエリート好きということか(あと小柄?)右京さんの軽ーくイヤミくさいところとか(でも可愛いんですけどね!)、あの辛気臭いオフィスで紅茶を優雅に飲んじゃうところとか屁理屈も理屈にしちゃうような発言とか謎に包まれた私生活とかオタク鑑識官と仲良しとか犯罪に対して怒りでプルプル震えてしまうところとか…とにかく小マメをイチイチ刺激してならない存在といえます。(勿論相方の亀山くんも好きですよ)

その一方で(亀ちゃんの元)同僚の伊丹(イタミン)が実は一番好きなんじゃないか、と誤解するくらい今回スクリーンの彼にトキメキました。
実にいいです、捻くれ者キャラの彼…!
平気でヴァーカ!とか大声で発言しちゃうところも、やたら権力に弱いと思いきやちょこっと信念を見せてくれるところも実は亀ちゃんと仲いいんだよね、というところも何もかもが愛しいと思えます。
馬鹿な子ほどカワイイってね!
最初に映画を見た感想の一言目が「イタミン!イタミン!」(※友人談)

登場人物ばかり語ってますがストーリーはネタバレになりそうなので黙っておきます。
というか、これ以上語るとお友達がいなくなるな…。
回数だけ無駄に重ねているのではなくて(それでもいいけれど)
1回目はストーリーの把握
2回目は主役と周りの細かい動き等を見る
3回目はちょっとした笑いの部分を発見する

…こんなことばっかり勉強しすぎる まったく「僕の悪いクセ」

あのドラマシリーズが放送されてた当時、日比谷公園に何度行こうと思ったか…。

ああ、DVDBOXが欲しい!今からサンタさんにお願いしておくかな、半年早いけど。

そして再放送あるらしいですよ、バンザーイ!




これを読んでくださった希少な方がいらっしゃいましたら心よりお詫び申し上げます…。
ホントすいません。
でも密かに語れる人を募集中…(苦)

| 独り言 | 17:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

乙女の独り言ということで、ついつい誘惑に駆られて覗いてしまい、最後まで読んでしまいました。あー、あほくさ。若く素敵な女性が好きな男のことを語るのを聞く事程、おじさんにとってつまらないものは有りません。この辺の事情は漱石が「彼岸過迄」で上手く表現しています。まして水谷さんは伊藤蘭ちゃんを独り占めしており、世の多くの男性の敵でもあります。

この「相棒」という映画は評判が良いですね。辛口でいつも文句を言っている小林信彦氏が珍しく褒めていました。週刊文春の先週号で水谷さんが阿川佐和子と対談していましたが、チェックされましたでしょうか。

| なかやん | 2008/06/09 01:38 | URL | ≫ EDIT

>若く素敵な女性が好きな男のことを・・中略・・
まして水谷さんは伊藤蘭ちゃんを独り占めしており、世の多くの男性の敵でもあります。<

上にまったく同じ。

小マメさん、僕もすぐに相棒見ましたが、脚本が映画的で
すばらしかったですよ。

湾岸も僕は見ていますが、映画になると脚本気張りすぎです。

その点、相棒の俳優たちはそのよい脚本に負けてないですね。
水谷さんは、この世代まれに見る役者だと思いますね。
演技は上手く感じさせず、自分の個性をいやみにならない程度に少し出しながら、組み立てが巧みです。

また、シーリーズ続くでしょうが、楽しみですね。

| 夢八 | 2008/06/09 14:40 | URL | ≫ EDIT

わお!!これはがじゅと熱く語りた続きかし!?あは。
お互い渋きお好みなれば、お話盛り上がりたさね。
小マメちゃんたら、まだまだ語り足りん愛やったのね~。
ぐふふ。

| がじゅ。 | 2008/06/09 17:13 | URL | ≫ EDIT

→なかやん師匠

蘭ちゃんといえばアイドルの金字塔、南海じゃないほうのキャンディーズですね!
毎週土曜日の夕方、西田敏行氏とナレーションで共演されてますよ~。
CDアルバムを買おうか悩むところまで来ています。
師匠は特別好きな女優・俳優さんはいらっしゃいますか?
(私は女優さんなら 吉永さゆり、八千草薫、深津絵里、小林聡美です)

| 小マメ太郎 | 2008/06/10 10:34 | URL | ≫ EDIT

→夢八さま

一番最初の相棒が7年と知って驚きました。映画3回(あと1回?)
ついには小説、そしてコミックまで立ち読み…。
まだグッズまでは買ってないのでセーフでしょう(何が?)

水谷さんのデビュー作を昔偶然見たのですが、もう色んな意味で卒倒しそうになりました。
刑事貴族も相棒コンビが出てたなら局が違いますけど再放送して貰いたいものです!

| 小マメ太郎 | 2008/06/10 10:35 | URL | ≫ EDIT

→がじゅさま

がじゅさんとは兄貴の話で盛り上がりましたよね~★
あの渋谷のド真ん中で…。
兄貴はバラエティでも光るお方、さすが兄貴。
カッちゃんと共演して掛け合いがあるとすごく嬉しくなります。

本当はまだ書き足りないのでが自制しました。
刑事ドラマ、警察ドラマ、裁判ドラマ、探偵ドラマには目がありません。
残りは手書きの日記に吐き出しました。

| 小マメ太郎 | 2008/06/10 10:35 | URL | ≫ EDIT

好きな女優は沢山いるんですよねえ。綺麗どころからいくと小津映画ファンだから当然原節子、日活も寅さんも良い浅丘ルリ子、学生時代のアイドル内藤洋子、若い頃の八千草薫は本当に美しいですね。入れ歯のCMでがっかり。演技派では田中絹代と杉村春子、山田五十鈴(これも小津組)。小津映画では岩下志麻も司葉子も岡田万梨子も久我美子も香川京子も、山本富士子も皆輝いています。外国では断然オードリーです。特にローマ、昼下がり、サブリナ等白黒の頃の美しさ。卒業のキャサリン・ロスやメグ・ライアン等かわゆい系も好きです。誰でも良いんだ。歌舞伎の女形では玉三郎も良いですが、菊之助が今最高です。

| なかやん | 2008/06/11 00:12 | URL | ≫ EDIT

→し、師匠…!?
いやはや、我がブログ史上コメントの中では過去最高数の人名が載りましたよ!
ええと、ひーふー…女性16名?
(オードリーは別として)名前の挙がった方は和服が似合う方が多いですね。
立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は…
その言葉が似合う人が沢山いらっしゃいますね^^
女形はまだ見たことがないのですが、ゾっとするほどの美しさだとか。

話は変わりますが「ローマの~」はうまい具合に観光名所を取り込んだ映画ですよね。
あれでローマに行ってみよう!と思う人も少なくないと思うのです。

| 小マメ太郎 | 2008/06/11 12:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/446-3c0e492f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。