PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観劇×観劇 ABBAその後

5月17日  ~ABBA GOLD その後は~


あらすじ (必要か?)

赤坂ACTシアターでABBAのコンサートでフィーバーした姉上と小マメはミコレで一息ついた後、観劇の余韻に浸りつつ優雅なディナータイムに向かいましたとさ。







雰囲気が良くて美味しいと小マメ太郎が選んだのはイタリアンのお店。
バタバタと水曜に予約したら快く受けてくださいました。
シェフとマダムの2人でやっているのカウンターだけの小さなお店ですが、ランチで初めて行ったその日からベタ惚れでそれからちょくちょくお邪魔するようになり今回初めてディナーです。
(多分一番多く通ってるんじゃないかなぁ…)
蕎麦屋はあちこちですがイタリアンはここだけ。
この日夜は自分達だけで、2席だけセットされたテーブルクロスが照れくさいやら…。

本日はお任せでコース。

「今日は割烹スタイルで目の前で作ろうと思います」

メニューなしなのでドキドキします。初めはグラスワイン、それにオリーブが出ます。
ガレット
ワインに馴染みが無いのでオリーブを食べるのも縁遠い我が家。
デパ地下で見掛けるが「あれはそんなに美味いんか?」と正直半信半疑でした…。
そんな自分を反省、美味しいオリーブでした。
使用するオリーブオイルも見たことがないスペシャルな代物(小マメの中のオリーブオイルといえばBOSCO)。
ランチでもパンにちょっとたらして貰うのですがあら不思議、オイルはパンが脇役だとは言わせないという力を持っています。
香りがまろやかで知っているオイルとはやっぱり違いました。
うーん、良いものは素人にもハッキリ分かるのですね…。

前菜は蛸のカルパッチョ。
前菜

初夏の色、そら豆も添えられた嬉しさで豆好きも発芽しそうだ。
前菜
蛸の茹で汁だって単にお湯ではなく香りを使うのが得意だというシェフの技が。
その証拠に蛸だけ食べてみたら良いお味が染みてるのがわかりました。
とっても柔らかい蛸にかかるドレッシングだってニンニクが利いてクセになる。
これと先ほど見せてもらった極上の黄金のオリーブオイルはカリカリのバゲットにも合いそう~。

続いてはパスタ、ラビオリです。
パスタ
厚目でモッチリとしたパスタの中身は一見すると葉物みたいですが実はアスパラ。
パスタ
ラタテュイユは似ているけれど味は少し甘めなのだとか。
野菜の煮込みは全てラタテュイユだと思っていたのですが、それとはまた違うんですって。
知らないことを知るのは楽しく、また話を聞くのもするのも楽しく…。
「美味しい食事は楽しい会話から」 いや、まったく。
恐縮していたのも最初だけで、この頃にはパスタを食べながら大福の話で盛り上がりました(え?)
シェフがイチオシする大福が小マメ太郎と一緒でちょっと嬉しかったです。

メインの魚は立派なホウボウに海老の殻やミソなど旨みをぎゅっと詰めたソース。
身が厚い~!
パスタ
白い身はプリっと、皮はパリっと。
添えられたローズマリーは濃厚なソースに香りを添えて引き締める、飾りだけじゃないんですね。


更にさらに、メインその2の肉料理登場。メイン2回…!
メイン
豪州産の柔らかな赤身の牛肉をハーブと塩を混ぜたもので頂きます。
それに食べる直前に荒挽きのブラックペッパーをかけて貰いました。
ミルのガリガリという音が心地よかです。
…そういえば竹やぶにコーヒーミルで挽いた蕎麦掻きがありましたね
(ミルつながりで何となく思い出しました)。


肉より先に気になったのはこの右側の葉っぱ、透明な粒状のものがビッシリついてます。

なんじゃこりゃー!(探偵風でお読みください)
メイン
「それ珍しいでしょ?」…見たことがありません。
何でも水の少ない過酷な地域に生息する植物なのだとか。
それで粒の中に水分と塩分を貯めているそう。食べてみるとシャクっとした食感に確かに塩水の味がします。
うわぁ、本当に塩味。味付けないのに物凄い塩味がする…。
手で触ると葉らしからぬ感触がする、ななななんじゃこりゃー!

正体がわかってもこの葉が不思議でならない姉上と小マメ太郎。

ルッコラも葉が分厚い立派なものでしたよ。肉に負けない葉にも驚きっぱなしのメインでした。

そしてスペシャルデザート!
デザート
カウンターからギリギリ見えないところで盛り付けなので気になるも出てくるまでのお楽しみです。
この焦らされている感じもまた堪らない…。
飲み物のエスプレッソには挽き立ての豆を(贅沢!)、それにフワフワのフォームミルクを入れてもらいました。

プレートに盛り合わせのデザートは最初ジェラートだと思っていたら

「む?冷たくない」

どうやら隣の姉上も同じ事を思っていたらしい。
そんな反応を見てシェフがニコニコしています。

ショコラ色のはパンナコッタのツルリとした感じに似ています。(上にある結晶は塩)
デザート
ショコラと塩の組み合わせは違和感の「イ」の字もありません。
単なるあまじょっぱさとも違いますが、舌で塩の結晶が潰れてショコラと一緒になるちょっと前の一瞬に何とも言えない美味しさが生まれます。
デザート

香りにと一度煮てから乾燥させたオレンジやレモン等の柑橘類、ピンクペッパーも一緒に。
デザート

やっぱりショコラと柑橘系合います。姉上はさほどでは無いけれど小マメ太郎はオランジェットが大好物。
飲み物のエスプレッソにも一手間のシナモンシュガー。
エスプレッソ
うう、シナモン正直苦手なのですが十何年ぶりに挑戦しました。(頑張りましたよ)
2杯目にはこれまたデザートみたいなエスプレッソ風味のフォームミルクを貰ってコースは終了。
最後には記念撮影して貰っちゃいました。ランチのときに写真を貰うことに。

初めての食材で楽しませてくれたシェフとマダム、もう本当にとっておきのお店。

またランチでもお世話になります!

ワイン



| 食べ物 | 18:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わお~イタリアン~!!
塩味プチプチの葉、がじゅ知っとる~!!
何度かテレビにて見てからに、ずっと気になっとったのね。
まだ食らった事さえ無しけんど。
スーパーや見付けられんさね・・・。あは。
して、仲良し姉妹とっても羨ましいしよ。いいなあ。

| がじゅ。 | 2008/06/03 10:39 | URL | ≫ EDIT

→がじゅさま
さすがご存知でしたか!
プチっと潰れるときの食感が何とも…今でも思い出します。

>仲良し姉妹とっても羨ましいしよ。

がじゅさんも弟さんと仲良しですよね♪
女姉妹とは違う楽しみがありそうで羨ましいです^^
ま、私は今だから言えることで大昔はそりゃぁケンカも酷かったですよ~(大汗)

| 小マメ太郎 | 2008/06/03 17:27 | URL | ≫ EDIT

教えてください

初めてコメントします。美味しそうなイタリアンですね。是非、私も行ってみたいです。突然、厚かましいお願いで恐縮ですが、店名とか連絡先とかは教えていただけないでしょうか。無理を承知で書き込みしました。個人的にメールをいただけるとありがたいです。

| JUNJUN | 2008/06/04 06:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/435-b68f747c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。