PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

都の春 ~京都編~

4月12日  ~古寺と桜を巡る~

宝筐院を出発して朝一番のお参りはお向かいにある清涼寺。全国的に有名な釈迦如来像をお奉りしています。
清涼寺

釈迦が30代の頃の姿を写し取ったといわれるもので、嵐山界隈で唯一国宝に指定されている仏像を保有。内部に精密な内臓が入っていたことでもその名を知られています。
参拝はもちろん一番乗り、近場に泊まれば自由が利くから止められません。
本堂の釈迦如来を間近に拝んで廊下を渡り、庭へ出ます。
すると廊下で威勢の良い声が。

中学生がわんさか体育座り(懐かしい響き)で並んでいるではありませんか。
そこにいきなりやってきた妙な観光客が独り…注目の的です。
先生方に誘導してもらいましたが、帰りもここを通らねばなりません。
清涼寺

気になったので本堂に戻りご朱印を頂くときに聞いてみました。
「ここの住職があの中学校の校長だったので、こうして朝の掃除に研修できているんですよ」
元校長先生がご住職なんですか!」

いやー、こういう勉強方こそ己の為になると思うのですがどうでしょう?。
日本文化を知ると共に、何事にも心を込めて勤めるということ。(ちょっと自分を見直して見ると…む、まだまだ甘い)
広いお寺が友達と掃除して綺麗になったらさぞかし気持ち良いだろうなぁ。
本堂の他に春秋特別公開の釈迦三尊像も1人でゆっくり見れましたが、それはもう涙がでるほど素晴らしいものでした。訂正、実際出ました…。

掃除をしていた中学生と少し話したのですが、素直で気持ちの良い子ばかり。
見ず知らずの人にも挨拶することは簡単なようで中々出来ないものです。


正に心が洗われた清涼寺を後にして二尊院、落柿舎、※無隣庵をぐるりぐるりと歩いているとついにお坊さんの行列と遭遇.
後をつけたストーカー小マメ太郎。
嵯峨野
(歩くの早いよ)
普通の住宅街でもしっくりくるのはさすが京都。


嵯峨野
(鐘馗さん発見!)

さてそろそろ次の予定があるので嵯峨野から離れます。
嵐山を遠くに眺めただけですが、嵯峨野はやはりお気に入りの場所です。



※正しくは「厭離庵」でした。訂正いたします…。



嵯峨野からバスを乗り継いでやってきました堀川通り。
真っ直ぐ下がれば二条城、堀川通りと今出川通りの交差点はバスの乗り変えに便利な場所。

ムフー、11時から予約していたお店があったのですよ。
堀川通りから西に入る妙蓮寺の目の前がその場所です。

「Switch!」 
Switch!

…なんのお店?

ここは町屋を改装した美容院で目の前は妙蓮寺の桜が見える最高の場所です。
こんなお花見も良いのではなかろうか。


そして小マメ太郎はついに京都にて美容院デビューじゃ!鋏

伸ばすにしてもそろそろ整えたいと思っていたのでい1週間ほど前に電話を入れました。
店長1人で1人のお客しか持ちません。
最初から最後まで客は自分1人、専属美容師として診てくれるのですよ、素晴らしい!
Switch!

いつも美容院て喋らなきゃいけないような強迫観念に駆られる自分が初めて始終リラックスでき、楽しく過ごせたのです。
これも京都生まれの京都育ちの店長さんの軽快な京都弁トークのおかげ。
観光だけじゃなくて生活する京都も魅力的だと思いました。ベタ惚れ京都…。

ちゃんとカルテもポイントカードも作ったから^^
Switch!

腕も一流で楽しい店長、本当に良い美容院でカットしてもらえました~。
(あの青赤の立派な暖簾はかの一澤帆布信三郎特製。いやはや恐れ入りました…。)
行きつけの美容院が京都ってステキだなぁ…。またお邪魔します!


髪を切って気分一新!…そろそろお昼をまわりました。

| 旅行 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あは!!やっぱり始まりた「小マメ凧」期待しとるさ~。
早速の宿坊もワクワクした!!
「たこ焼き」にはパソコン前にて大笑いさせて貰うたし。
日記に書ききれんお話も聞きとうなるさ。
とて、髪さ切ったん!?早うお逢いしたい~見たい~。
続きも楽しく読ませて貰うさね。ぐふふ。

| がじゅ。 | 2008/04/21 22:38 | URL | ≫ EDIT

楽しい京都体験のご様子、読者まで楽しくさせてもらってます。

唯一気に入らないのは美容院デビュー、こればかりは私には無理です。しかも美容師は軟弱そうなイケメンではないか。どうも動機が不純だ。有体に白状致せ。

無鄰庵は嵐山ではなく、岡崎というか南禅寺近くの山県有朋邸の庭園で、間違いではないかと思いますが、字が微妙に違うので、私の間違いかも知れません。

| なかやん | 2008/04/22 00:19 | URL | ≫ EDIT

大凧になる

絶好調ですね。

昔から、町の風聞は床屋にありといいましたから
さすがです。

今回の京都編は一味もふた味も違う
感じで、楽しみにしています。



| 夢八 | 2008/04/22 15:51 | URL | ≫ EDIT

→がじゅ。さま

>日記に書ききれんお話も聞きとうなるさ。
私もお話したいです。もう盛りだくさんさ!
近いうちにお願いします~!

そうそう。髪の長さはあまり変えてませんが朝は断然楽になりましたよ^^
それから凧は凧らしく、風にふかれてフワフワと…。

しかし長引く旅行日記だこと(苦悩)

| 小マメ太郎 | 2008/04/22 22:12 | URL | ≫ EDIT

→なかやん師匠

ええー!そんな不純だなんて…!
いつか住むとなったら行きつけの美容院は必要ですし(汗)
店長さんは確かにイケてるメンズでしたがi-56

そうなんです、間違ってました!正しくは「厭離庵」です。
一定期間しか公開していないので残念ですが見れませんでした。きっと秋は美しいと思います~。
ヒッソリとした場所なので今年の秋行こうかと…。

| 小マメ太郎 | 2008/04/22 22:20 | URL | ≫ EDIT

→夢八さま

舌好調がこれからありますよ!
もう一味も二味も…(意味違うし)

格子から見える桜もステキでした~。
のんびりと京都で過ごしてみたいと思えます。

| 小マメ太郎 | 2008/04/22 22:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/410-d6c76140

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。