PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

都の桜  ~吉野編~

4月9日     ~ 古寺と桜を行く ~

「水曜から社員研修に入りますよ~!」

そうはいってもウチの場合は「研修という名の旅行」です。
小マメ太郎が「ちょっと留守にします…」なんて書くと「また京都でしょ」と冷めた反応しか無いでしょうが今回は例外。

奈良の吉野…そう、2泊3日で吉野桜を観賞するという「研修旅行」に行ってきました。
(何の研修だとか言わんでください)

京都に着いて5分も滞在しないなんて自分には拷問に近しいのですが、世界遺産の吉野山を桜の季節に見に行けるのはこの先もそうは望めません。
京都から乗り換えながら100分位、吉野に到着です。
桜





宿は中千本が見渡せる場所にあり、部屋も山側の角部屋と最上の贅沢さです。
部屋


ロビーからの眺める桜が雲のように広がり、その先に見える山々も朝には霞懸って神秘的でした。
桜
昨日より今日と、桜が色濃くなっていくのが良く分かります。
朝夕と一刻一刻変化する吉野山です。

中千本は5~7分咲きでしたが山を覆う多くの桜を擁する吉野の風景は震えがくるほどでした。

雄大すぎます…。
桜 一面がこの風景です。 

こうして見ると緑の中の桜は色が引き立ちますね。
やはり標高による気温の差が出ているので全てが満開というわけではありませんが吉野山の桜は麓から上まで一ヶ月かけて咲くそうです。
約三万本あるといわれる桜が一斉に咲いたらそれは言葉にならないでしょう。
和歌に登場する吉野・若草山・三笠山…(あとなんだっけ?)昔から人を魅了してしまう場所は今もその通りに。

小マメ太郎、桜の開花で一喜一憂する日本人で良かったと心から思いました…。




茶屋の眺めも何ともダイナミック。
桜
花より団子ではなくて「花と団子」が楽しめるところが沢山ありました。
席代は多少かかりますがこの感動は何事にも変え難いものです。

一度荷物を置いて向かいの山にある如意輪寺まで歩いていくことにしました。
途中で吉野のくず湯を山を眺めながら一杯頂くとすっかり桜に満たされたような気がします。
葛湯

桜 


宿から山道をひたすら一時間(意識も霞むしんどさ)程度登ると南朝の後醐醍天皇の墓稜がある如意輪寺に辿り着きます。
ツバキ

墓稜はそのさらに上、都を眺めるように北向きに静かな場所に立っています。
桜と水仙
境内の枝垂桜と多くの水仙は美しい姿をみせてくれますが、やはりどこか心寂しい感じは否めません。
都を逃れた天皇、何もなかってであろう当時のことを思うと何ともやるせないものです。


この如意輪寺からの帰りは何故か獣道ばかりで本当に遭難するかと思いました。
息も切れ切れRPGのパーティーよろしく励まし合いながらでないとしんどさで溜まりません。
もう金剛杖がないと上れない方も出るくらいハードでした…。
桜 
露天も貸切のようにゆったりとでき、素晴らしい羨望には時間を忘れるほど見入りました。
世界遺産の山で遭難するかと思った初日の疲れには温泉が染み入るのです。


レッツゴー2日目!

| 旅行 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あちらとおもえば
またこちら

お忙しいのか
余裕なのか常人離れ

続編楽しみにしてます。

| 夢八 | 2008/04/16 12:35 | URL | ≫ EDIT

羨ましすぎます~!
続編、私も楽しみにしてます♪

| zoomania | 2008/04/16 15:51 | URL | ≫ EDIT

ドキ

→夢八さま

北海道が終わったら今度はこれかい!
というお叱りを受けそうですがこれも(楽しい)仕事の一貫…。
奈良もかつては栄えた都、奈良熱にも火がつきそうです。

| 小マメ太郎 | 2008/04/17 09:41 | URL | ≫ EDIT

いらっしゃいませ♪

→zoomaniaさま

コメントありがとうございます~。
世界遺産だらけの山で美味しいものも食べてきましたよ^^
体がいくつあっても(胃?)足りないくらいで節制するは大変でした。
続編も頑張ります!

| 小マメ太郎 | 2008/04/17 09:46 | URL | ≫ EDIT

出張がないといいつつもずいぶんうらやましいイベントがあるじゃないですか。
少々傾いているじょに。社ではこんな旅行はあり得ませぬ(T_T)

9日から2泊3日というと金曜までで、土日は帰京しないで
そのまま近鉄電車で京…、ってじょにー。ならそうしますけど。
あっ、ネタバレでした?(^^;)

| じょにー。 | 2008/04/18 00:44 | URL | ≫ EDIT

帰京?

→じょにー。さま

あれ?ある意味アレも帰京ですよね?
だって小マメの心の恋人は…(ポッ)
まぁまぁ、続きにご期待下さいませ~^^
じょにー。さんに続けとばかりに自由奔放に歩き回ってきましたから!
じょにー。さんのも楽しみにしておりますから★

| 小マメ太郎 | 2008/04/18 11:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/406-a413679e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。