PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギュウギュウ十牛図

1月16日      ~さらに一年分追加です~



鹿児島にちょっと縁があるといっても「黒豚」「黒毛和牛」というものとは
てーんで関係ないってもんよ!
でも今宵は関係を持った(←は?)記念日。

京トリオ仲間であるルーさん御用達のお店をご紹介していただいたのです。
お店はバブル時代にフィーバーしていた六本木。
大通りから路地を入る非常に静かな場所にあります。

黒牛屋

「黒牛屋」






ストレートで良い名前ですね!

自分あまり肉を食べないものでして、前回は…あぁ、三嶋亭でした。
後ろから刺されそうです。イヤイヤ既に罰は受けたハズ…(参照:11月の京都 上洛編)。

地下に降りると一見バーのような雰囲気です。
黒牛屋の肉は相当スゴイと聞いておりますが想像が付きません。
今宵はコースでお願いしているみたいです。

キムチとカクテキの二種類
黒牛屋
キムチは発酵して酸味があるものよりまろやかでコクがある方が好み。
カクテキがバツグンに美味しい、持ち帰りしたいくらいです。
これだけでご飯一杯はいけそう…。

お肉の前菜?
哲ちゃん テッチャン・ハツ・レバーの三点盛
黒牛屋

これがテッチャン
黒牛屋
小腸の部分で、コリコリしていて食感は中華クラゲに似ています。
あれ、ホルモンて以外にクセがないものだったのだろうか?
食わず嫌いって人生損しているのかもしれません…。
真ん中がハツ
心臓で少しトロっとした濃厚な味。
イチイチ考えても仕方の無いことですが、心臓を食べるとはそりゃチョッとは躊躇してしまいます。


おかげ様でレバーも克服できました、命の恵に感謝。

サラダだっていかにもフレッシュさん。
一人一皿で量もタップリあって嬉しい限りです。
黒牛屋
「野菜食べてるからお肉食べても大丈夫!」
んなわきゃないですが今日はそういうことで。

ああ、店長さんが大きなお皿を持ってやって来ました。
恭しくテーブルに置かれた皿のうえには…




にーく!にーく!
黒牛屋


にーく!にーく!
黒牛屋


にーく!にーく!
黒牛屋


たまにヤサイ
黒牛屋

大きなお皿に盛られた艶やかな牛肉たち
ご説明してくださいというと、(小マメ太郎でも)とっても分り易く教えてくださいます。


リブかぶり…霜降りが見事!肉本来の味を楽しめるバランスのいい部位です。
三角…普通の店では特上カルビと言われる部位で希少部位です。
笹肉…上カルビとして焼肉で最高のお肉です。この笹肉の厚みには参りました!
ランプ…赤身でクセがなく食べやすい部分、ステーキでも聞きますよね。
さがり…肺にぶら下がっているからさがり。量しか取れない希少な部分。
中落ち…これなら知っています!柔らかくてとてもジューシー。

最強の焼肉戦隊ギューレンジャー誕生!(普通5人組みでしょ?とかは言わんでください)

赤身の多いものから食べるのがオススメとのことで焼き作業開始!
焼肉奉行はルーさんに大方お任せいたします。
あまり焼き過ぎないように。

中はこれくらいのレアですよ。 うへぇ、これは厚い!
黒牛屋
笹肉ですがこれはもはやステーキカットです。
タレじゃないのがミソで、ワサビや塩で頂くのが一番美味しいのですよ。
黒牛屋
大根おろしも付けてくださいね。

続いて見慣れぬ牛の一部が運ばれてきました。
黒牛屋
ギューレンジャーと敵対する、いわば「悪の四天王」といったところか。
ならば親玉もいる筈…。
ちなみに彼らはタレに漬け込まれております。

イカじゃないですよ。ハツモトです。
黒牛屋
ハツは心臓ですがハツモトはハツに近い大動脈の部分。コリコリとして噛むほど美味しい。

四天王でも存在感のあるマル腸と赤千枚。
黒牛屋
「九州ではマル腸はメジャーらしいよ」
とろっとろのマル腸は脂身がさらなる甘みを加えてくる。
親戚は九州人ばかりだけど、果たして知っているのか確認してみようと思います。

お肉はこれで終了、いやよく食べた。


「ちょっと最後に何かドカンとしたもの食べたいね」


ド・ドカン?
今の段階でかなり爆弾落とされてしまっているのですが…。

「店長さん、何かこうドカンとしたものをお願いします」
「ハイ、ドカンですね!」

ああ、お願いしちゃいました…   
それに何かってナニ?







先ほどの四天王のボスが…









黒牛屋

お出ましになられました。

ステーキですか コレ。

ボスが網の上に…
黒牛屋
これはスゴイ画です。 

もう何もいうことはありませぬ。
黒牛屋


レアァァ!
黒牛屋
ギュウレンジャーとホルモン四天王、そしてボス!



三嶋亭で半年分の肉を食べたと申した気がいたしますが


今度は一年分に匹敵しそうです。

「お食事は冷麺かお茶漬けになりますが」

「あー、うぅ…んんーんん?」


「それでしたら…」














こちら「冷麺」、どっさりもっさり。特製キムチものっています。
黒牛屋


こちらは「お茶漬け」
黒牛屋
細かい肉が入ったみそ仕立て。サラサラっとかっ込むのが正解!

冷麺のコシの強さって他にはありませんね。
スープが美味しく、ゴクゴク飲んでしまいました。
黒牛屋


「じゃあ、冷麺はハーフサイズでお茶漬けもお出ししましょうか?」


え、いいんですか?

そんなわけで私だけ冷麺とお茶漬けを両方頂いてきました。
(同行者はお茶漬けのみでしたが)

デザートは手作り杏仁豆腐でした。
黒牛屋
イマイチ杏仁豆腐が好きではないと言ったルーさんが絶賛していました。
パンナコッタに近いクリーミーな味わいです。


デザートまで抜かりなし、恐るべきお店です。



黒牛屋
店長さん、黒牛さん ごちそう様でした。
次はいつ来られるかわかりませんが、また一年分頂きに参ります。

(黒牛屋貯金しないとダメですか…)


しかし楽しい時間はまだちょっと続くのです。



もう、電池切れ… 続く。



| 食べ物 | 21:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おにく!!!!!!
ですね。
昨日報告差し上げた後、紛失してしまって。
いろいろご迷惑をお掛けしてすみません。

近々ブログ閉じます。
今、鳩居堂さん近くのバーをアップしてます。
僕が行くお蕎麦屋さん、こんな雰囲気のお店です。

| さいとう | 2008/01/26 13:27 | URL | ≫ EDIT

そ、そんな…

→さいとうさま

おにく、 です~。
今まで食べなかった反動でしょうか…。
あれだけの種類は初めてでございました。

そして更に京都愛が強くなるばかりです。
今月の行事、来月の…と考えると行けないことが
切なくて仕方ありません。
さいとうさんはじょにー。さんの所にも遊びに行かれたのですね^^
コロナの付近に大好きなお店があったと気がついたのはこの前のことです。

ブログ閉じられるのですか…。
fc2仲間が増えて嬉しかったのですが、残念です(涙)



| 小マメ太郎 | 2008/01/28 17:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/353-5f459018

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。