PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスにお見えになりましたのは

12月25日                  ~28日まで頑張ります~

前夜は寒さに震えながら日比谷のイルミネーションを見に行った小マメ太郎です。

そして連休の終わった翌25日、クリスマスだろうが平日は平日。
仕事先でも「日本におけるサンタクロース」を巡って熱い論争が繰り広げられておりました
(大げさ)。


そんな話をしていても連休明けはあれやこれやと慌しいので気が付いたら定時過ぎ。

今宵は銀座にてディナーのお約束をしています。急いでいかなければ!
(心なしか皆も帰宅が早いですな)

銀座の街はいつにも増して華やか。
ウィンドウ

お店のディスプレイも通り沿いもまだまだクリスマスの賑わいが見られます。

そんな銀座に店を構える、マダームの間では「ロクちゃん」との愛称(本当かい)の
鉄人道場六三郎。

「懐食みちば」でお食事してきました。


~PM18:5X 懐食みちば入店へ ~

お店まではエレベーターなのですが途中で美女と一緒になり、妙にドキドキ。
美女はシャナリシャナリと下のフロアで降りていきました…。

「いらっしゃいませ、お待ち合わせでございますか?」


店の入り口でご丁寧なお出迎えにオドオド…。
コートをお預かりします、と言われてはモタモタ。

先に来ていた友人はこの雰囲気に溶け込んでいる様子でちょっと悔しい。

店内の照明は抑え気味ですが暗すぎることはありません。
みちば
つまりカメラブロガーにはいい環境といえます!(こんな日にも…)
それに撮影も快諾していただけました。
後から聞いたことですが、鉄人が来ると店内フラッシュの嵐だそうですよ。

最初にオススメされたシャンパン。
みちば

グラスもとってもお洒落で優雅な気分になります。

さあ、グラスをお持ちなさいな…。

今年も一年お疲れ様でした、かんぱーい!(忘年会なの?)

前菜
みちば

 生子茶振り
 ひよこ豆チーズ合へ
 焼きクリームチーズ
 数の子
 からすみサンド
 床節磯やき
 車海老サフラン寄
みちば
メニューの道場さんの文字は達筆すぎて読みにくいところもありますが
スタッフの方の完璧な説明があるので大丈夫です。

みちば
ひよこ豆を見ただけで嬉しくなってしまいました。これはチーズを纏っています。
一つ一つ味わっていると

「ようこそお越しくださいました、道場でございます。」

マネージャーさんかと思ったら道場さんの次女!(店長さんのようです)
道場さんは本当に素敵でお綺麗な方でした~。

御椀 蟹蕪真丈 粟麩どんこ芽かぶ 柚子
みちば
京都で食べた蕪蒸しよりも緩く、優しく掬ってあげないと崩れてしまいそうでした。
洋皿の上に椀がのせてあったのですが随分と印象が変わります。


ここでワインにシフト、日本酒以外にも合いそうな前菜を食べてまずはこちらを。
みちば
(どこのワインだの、どのブランドだとかは聞かないで下さい)
これを頼んでしまったから長居する決定です。
さほど久しぶり~というのでもないけれど話が尽きないこと。
これで時間は丁度よくなる見たいでした。

隣のサラリーマングループの賑やかなことといったら、料理の説明が聞きとりづらいですわ!
でもそのお陰で構えるカメラも目立たないのですが。

奉書造り ヤリイカ 鯛 鮪 あしらい一通りがこの和紙の下に。
みちば

友人「(小マメ太郎の)飾り紅葉が多くない?」 気にしないきにしない。

煮物 大根菊菜 きん目煮つけ うど 柚子
みちば
シャキっとしたうどと味の染みた大根は冬場の幸せ。きん目にはしっかりした味つけが合います。

焼き物
みちば
焼き河豚をカルパッチョ風にしてあります。焼き物は魚単品でないところがニクイ。

ワインどころか日本酒もここで頼んでいました。
みちば
これで最後の客なりそうな…。お猪口もお好きなものを。

強肴は数種の中から選びます。みちばの懐石料理はここでも違いがありますね。
小マメ太郎は鯛のちり蒸し、友人は和牛石焼きです。
みちば

みちば
和牛にはラタテュイユ付き、そして肉がとっても柔らかいんです。
タレはポン酢と胡麻の二種だったのですが、ステーキの胡麻ダレは初めて。
お肉を2切れもくれた心の広い友人です…。

食事もそれぞれ好きなものをオーダー。
みちば
河豚雑炊と

みちば
糠鯖茶漬で温まりました。


最後は水菓子のジュレ
みちば

ぜんざいの小豆の粒が大きいこと!
みちば

デザートも選択かと思いきや、2種類でした~。 欲張って食べたのではありません。

最後にも挨拶に来られた道場さんとお話も。

嬉しい事にお店からシャンパンのボトルがプレゼントされました。

「こちらは当店からお客様への…」
みちば
なんてテレビでしか見たことないよ!
いやいやもちろん他の人にもあったのでしょうけれど(笑)

こんな風に25日は色々と今までに無いことが沢山あって(帰宅してから友人から
結婚すると報告も!)頭がヘンになりそうでした…。
(今更…というのは言うてくれますな)


いつもの過ごし方とはまた違う、とっても楽しくて最高のクリスマスになりました。
気がつけば入店してから三時間以上たっていました、あっという間!

こんなにいい気分で明日が休日だったらなぁ、と思っても連休は終わったばかり。
翌日のことも一応頭の隅の隅の隅(相当隅っこ)にあったので
意識も足取りもしっかりしている状態で帰宅しました。


この日はご褒美です。
「今年最後の日まで気抜かずに頑張るように」と小マメ太郎の守り本尊である阿弥陀様と
(クリスマスですし)サンタクロースのメッセージと、そう受け取っておきました。
(いつもしっかり仕舞ってある阿弥陀様のお守りが定期入れから落たので、きっと…)

楽しいことも大変なことも半分が丁度いい、大変なことが楽しいと思えるともっといい。
最終最後、自分にはどちらがより心に残るかです。



今年は阿弥陀様とサンタクロースのご両人が来てくれたのかも。












| 出来事 | 22:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小マメさん、こんばんは。
おいしそうなお料理の数々。さまざまなシチュエーションの
ご説明が、楽しそうな雰囲気を、なお一層引き立たせてくれて、
読み手のこちらにも伝わってきます。
小マメさんは、日本酒、ワインといろんなお酒にも
造詣が深いのですね。僕はただ飲み散らかしてるだけなんで、
これもまた皆さんを勉強させていただきます。

写真、少しづつですが、小マメさんのようにうまくなればと
精進しております。

| さいとう | 2007/12/29 23:25 | URL | ≫ EDIT

→さいとうさま
造詣が深いんなんてとんでもないです・・。
楽しく飲めれば(オイ)
さいとうさんはご存じかもしれませんが
私が写真を撮るときは他人がみたらきっとみっともない姿なんです。
たまにショットがいい時ほど…。
 
何度か撮っているときの自分を写真で見たことがありますが

とても笑えますよ~!すごい眉間に皺が寄ってます。

| 小マメ太郎 | 2007/12/30 08:33 | URL | ≫ EDIT

おこしやす、小マメ様。

今年は、いろいろ有難う御座いました。
いつも京都にお詳しくてすごいなと思います。
「喜幸」さんや「ピエ・ノワール」さんでは、
もう、「おいでやす。」ではなく、「おこしやす。」ですね。

来年も宜しくお願いします。
小マメ太郎様

| さいとう | 2007/12/31 19:36 | URL | ≫ EDIT

何とも素敵なるお時間やったんさね!!すごい、すごい~!!
お写真の数々と小マメちゃんのお言葉と、がじゅも興奮してまったさ。
いつも頑張っとるもんでよ、こうして幸せいっぱい来るんさね。

して、今年は楽しき美味お時間ご一緒出来てとっても嬉しかった。
本当にありがとさね!!
来年もいっぱいいっぱいお幸せご一緒に。どんぞよろしくさま。ぐふふ。

| がじゅ。 | 2007/12/31 23:12 | URL | ≫ EDIT

→さいとうさま
こちらこそ沢山の情報を教えて頂きました。
本当にありがとうございました!
そろそろ「おこしやす」になりますでしょうか?

今は色々と勉強中ですのでさいとうさんにご指導頂きたいものです。
来年もどうぞよろしくお願います!

| 小マメ太郎 | 2007/12/31 23:31 | URL | ≫ EDIT

→がじゅ。さま

がじゅさんとお蕎麦を食べているともっと美味しくなるんですよ^^
来年はもっと一緒に食べに行きたいですね。
あ、パン屋巡りも!ガリガリと公園で頬張ってみたいです。

がじゅさんの楽しいブログ、たくさん読ませて頂きました!
もうすぐ2008年、来年も一緒に遊んでくださいね^^

| 小マメ太郎 | 2007/12/31 23:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/339-8caf8b4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。