PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

共にうたえ! 長野小旅行編① 

12月15日           ~前橋 「浅川」 から長野へ~


長野で泊まった旅館は

花屋

花屋

とても心落ち着くお宿でした。


前橋から一路長野へやってきました。

信濃の国は~十州に~♪ 
会社にもいるのですが、長野県民やはり歌えるようです。
(一度歌い始めると最後まで歌いたくなるのも長野県民の血だそう)

さて、長野県の別所温泉。その中にある「旅館花屋」大正時代から続く老舗の温泉旅館。
(ここは有形文化財の指定を受けている)
友人とはここで落ち合う約束でした。

渡り廊下は特に素敵で、ここだけで何枚撮ったか(笑)
花屋

もう館内全てが大正浪漫(といっても大正浪漫をよくわかっていない?)の雰囲気。
お部屋は寒い長野のこと、炬燵もバッチリありました。


長野に入ったらみぞれになったりと本格的な冬の天気だったんです。
関東にいるとまだ実感がなくて…。
しかも次の日は雪、今年の小マメ太郎の初雪は長野になりました。

歴史ある建物なので、さすがに廊下などはヒンヤリとしますが
寒さを感じるのもこの旅館の良さなのだと思います。
館内をチョロチョロ歩いては可愛らしい照明(ランプ)の形に夢中になったり。
仲居さんは廊下ですれ違うたびに挨拶してくださったりと始終居心地の良い思いでした。

温泉は硫黄の香りの掛け流し。
内湯は大理石のお風呂、広くて気持ちが良かったです。

やっぱり温泉に来ると同じ温泉につかる人と「ドコからですか?」というのもお決まりですね。

驚いたことに小マメ太郎と同じ地域からの方も。
しかも先生方の旅行とのこと(出身校ではありませんでした ほっ…)一瞬緊張。

花屋
このときは誰もいなかった…何せ夜中の三時半ですから(笑)。

お風呂上りにこんなラウンジで新聞を読んでいると上流になったような気分。
花屋


お風呂の後は夕食。あれだけ美味しいお蕎麦を食べたのに夜もしっかり…。

部屋出しと食堂がありますが、部屋で頂きました。
海老フライみたい、でも薬膳人参なんです。変わった甘さの人参で友人の反応は
花屋
「…頑張って食べた」との感想。では次回出たら引き受けます。
朴葉焼きのお肉の下、緑色見えるのは「フキ味噌」だそう。
花屋
色はイマイチに見えますがこれが拭って食べたいくらい美味しかったんです!
でもお土産にない料理長のお手製です。
ご飯も地元のコシヒカリと地のものを使った料理がたくさんでした。

それからまたお風呂に入ったり、館内を探検したりして初日終了。
「浅川」で絶品の新蕎麦、そして長野の旅館。
自分でも信じられないほどギュっと幸せが詰まった一日でした。

花屋


しかしその夜(早朝になるのか)三時半から温泉とはね…、さすがに廊下は寒かった!


長野二日目 長野に鎌倉?編へ

| 旅行 | 23:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小マメ様、こんにちは。
一番最初のお写真、口福、やすらぎの世界への扉な感じで、
2枚目はそこが開けたと、解釈しています。
ドラゴンボールみたいな感じ??

薬膳人参は高麗人参みたいな感じなのでしょうか。
やはり体は元気になりましたか?

| さいとう | 2007/12/24 11:37 | URL | ≫ EDIT

→さいとうさま

恐らく高麗人参だったかもしれません。(聞いたはずなのにね…)
元気の証拠か深夜からしっかり温泉に入り、
朝からご飯をペロリと平らげました。
効果ありすぎです。
今度は食欲を抑える作用のある漢方が必要かもしれません。


| 小マメ太郎 | 2007/12/24 22:05 | URL | ≫ EDIT

中トロ?

暫く前に花まきさんのBBSに写真をアップしたことがありますが「花屋」さんは良い宿ですよね。
私も二度ほど泊まった事があります。
写真の渡り廊下へ抜ける途中の館内も時が煮凝りのように、まるで昔のまま止まってしまったような香り、艶を待ってますよね。
あの、レトロな(レトロでも 大トロではなく 中トロ位の時代設定の感じ?)お風呂も好きです。また時間を何とか都合して、のんびりと行きたいな・・・

| 蕎麦喰い師 | 2007/12/29 08:09 | URL | ≫ EDIT

二回も!

→蕎麦喰い師さま

花屋さんの正面玄関見たときにズキュン!ときました。
喰い師さんの言うとおりだと思います、花屋さんは「艶」ですね。
廊下の軋む音なども、「艶」っぽいんです。
風格はあるのにホッとする良い古めかしさだと思いました。
(蕎麦喰い師さんの言葉でいう「中トロ」の部分?それに加えてカマトロ…)

驚いたのですが、展望風呂は今では珍しく男性優遇の時間帯ですね!
あの硫黄の香り、長い廊下の先の露天風呂、もう一度行きたいものです…。

| 小マメ太郎 | 2007/12/29 20:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/336-0a87064f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。