PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ここが勝負ドコロ

11月14日            ~あのね宇奈根はこんなトコ~



カーナビゲーションも困るお店が世田谷区にありました。
美味しい天ぷらを出す蕎麦屋…。
これでもう名前が出てくるかもしれません。

例によって蕎麦屋に行きたい病が出てしまいました。
さらにこれは流感のようで夢八さんも発病とのこと(※勝手な判断)
行かない限りは治るまい。
夜の成城学園最寄の宇奈根地区にやってきました。
(というより何とか無事に辿り着いた)

静かな住宅街に佇む「宇奈根山中」
宇奈根山中

お店の明かりが無ければ真っ暗闇に近いほど。


お店自体も概観が黒なので忍者屋敷のようです…。

宇奈根山中



                  

本日頂いたコースの天麩羅
海老 ヤングコーン キス 牡蠣 芋 シイタケ 公魚
銀杏 穴子 掻き揚げ 香の物 サラダ せいろ デザート

カウンターの前は揚場(漢字がややこしい)、さらに奥にあるのは茹で釜。
完全なオープンキッチンで全てが見渡せます。

天ぷらを揚げるのも、蕎麦を茹でるのも全てお一人でこなしています。
カウンターの天ぷら、シンバシー時代の逢坂でのランチ以来です。
天ぷらで戸惑うのは天汁、塩、レモンと具材によってどれが合うものかということ。

ご主人に聞けばお勧めの食べ方を教えてくれるので安心です。
ちなにみ宇奈根山中は天汁が席に用意されているので
お好みで食べらられるようになっています。


今日はコースの中の天ぷらを少し変えていただきました。
珍しく最初にスパークリングワインでスタートです。

トレードマーク?アゴ髭の立派なご主人が目の前であげてくれた
「海老」

カリカリの香ばしい海老の頭と甘い身。
宇奈根山中
(↑バルタン星人に見えなくもない。美味しそうな写真は夢八さんのでご覧頂きたいです)
美味しい写真
宇奈根山中
(Photo By Mr 夢八)

続いてキスとヤングコーン。
宇奈根山中


「牡蠣は大丈夫ですか?」もうそんな時期なんですね。
宇奈根山中
「今年は牡蠣を沢山たべようの会」会員(会長兼会員現在1名)なのでこれは嬉しい。
HPで「牡蠣の天ぷら始めました」をしっかり見ていたでのです。
「中が相当熱いですから」こんな火傷は歓迎するべきでしょう。
中からじゅわっと牡蠣汁(というのだろうか?)とほんの苦味が広がります。
もう一つはレモンを絞って。(牡蠣美味しいな…)
ここで天吹きというお酒に変えていきます。

まつやに次いで、ここでも京都の話は尽きません。
どこか自分の一部を置いてきているのだと思いました。
それに会いに行きたいがためか…。
目の前の色鮮やかな野菜も錦市場の八百屋を思い出してしまいます。
宇奈根山中


目の前に置かれた黄金色。

ホクホクといえばお芋です!黄金色のお芋は一本を半割り。
宇奈根山中

手でいっちゃってください、の声に手掴みで!
宇奈根山中
まだまだ食べられそうです…。
婦女子じゃなくたってこのお芋には目が輝いてしまいそうですよ。
芋もホクホク、心もホクホク。

続きましてキノコ好きをくすぐるシイタケと、シイタケのサーフィンボードに乗る公魚。
宇奈根山中


蕎麦はせいろを一枚入れてもらいます。
宇奈根山中

宇奈根山中
細く滑らかで喉越しのよさ、つゆもコクとまろやかな味。


「ゆっくりで申し訳ない」
「とんでもない、自分もお酒と一緒に食べるのが好きですから」

お酒を飲みながら天ぷらにも箸が動くので、どうしても蕎麦だけをススっと先に食べることが出来ません。
ご主人は天麩羅・蕎麦専門店で修行された経歴の持ち主。
天ぷらは揚げたてを、蕎麦だってすぐに食べて欲しいでしょう。


「何よりも楽しく食べてもらえればいいですよね」

この言葉がとても嬉しかったです。



秋の恵み、銀杏。
宇奈根山中

穴子はこの白身にそそられて。
宇奈根山中
湯気の立つそれはホクホクと柔らかく、蕎麦の薬味のワサビを乗せてみても…。

「お口直しに」と香の物が出たのを合図に
宇奈根山中
「濁りだ…!」の李白。
(李白の詠んだ詩を思いだそうとしても結局は徒労に…)

掻き揚げの中身は海老がゴロっと。
宇奈根山中
天ぷらの中でも掻き揚げはどこか特別なところがあって、蕎麦と同じくらいにお店の個性が出るから面白い。
筒型や平たいもの、衣の軽さも様々です。

最後に蕎麦を、粗挽きがあるというのでそれを分けて頂きます。
宇奈根山中
黒々とした蕎麦は太く、こちらも滑らかです。
宇奈根山中
ムチムチとして噛んでいるうちに香りも出てクセになるお蕎麦。
これをすっかり平らげてから(さらに!)もう一枚を追加です。



「よく食べたね」


「…食べました」


最後のデザートまで蕎麦尽くし、蕎麦プリンとワイン。
宇奈根山中


ここ宇奈根が勝負ドコロ。
この場所で最初は苦労しましたといいますが、ご近所で通ってくる方も増えたそうです。
地元のお客さんもこれからますます増えていくのでしょう。



何せ遠く離れた場所に住む自分もちょくちょく行きたいと思っているのですから。
(次はいつ行けるかな…)


入り口にあったTシャツを着用してお店に行けばご主人喜びそうです。
(それにしてもロゴの顔はソックリだ。ぜひその目で確かめて頂きたい。)

| お蕎麦 | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/313-7fecaca4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。