PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食に歴史あり 京トリオ⑧

11月28日 ~大晦日前に失礼します~


さて、銀閣寺を後にして中心部まで戻ってきました。
若者が闊歩する商店街に目的のお店はあります。
京都の方々が大晦日に列をなして買い求めるというすき焼きの店

「三嶋亭」
三嶋亭

京都では大晦日にすき焼きなのでしょうか。

(外観)
三嶋亭

ぽっかりとここだけ歴史の流れが止まっているようです。

『明治六年京に戻り、現在の地、寺町三条で「三嶋亭」を創業いたしました。
それ以来、130余年その味を守り続け、明治、大正、昭和、平成、現在に至り、五代目となります。』寺町三条 三嶋亭

ザンギリ頭を叩いてみれば…まさに文明開化と共に。
今回の京トリオのグルめぐりはここが最後です。
そして小マメ太郎、とんでもない体験をしてしまいました。
ここで頂くのは生を受けてンン年、人生初の極上の素材のすき焼き
その名も

「特々撰コース」 キラキラキラキラ

(得々じゃナイヨ)


それでは早速頂いてみましょう…。











三嶋亭



ごちそうさまでした。

美味しかった~。



冗談です。



11月28日           ~文明開化の味を体験~



仲居さんに案内されたのは二階の角の個室。
すでにすき焼きの良い匂いがしておりました。

隣とは襖で仕切られています。風通しも良く、個室ながら開放感は抜群です。

注文を取りにきた仲居さん曰く
「以前はもっと眺めも良かったのですが…」

確かに大きなビルが建っており、三嶋亭から見ると時代の差に違和感がわきます。
三嶋亭
(2階へ続く階段)


部分的にタイムスリップしてしまったような…。
そんなことを聞きながらコースの確認と乾杯のお酒をお願いします。
もっと高級料亭のようにピリっとした空気だと思いきや、明るい対応にホッと一安心。

昼間からこの雰囲気、何やら政治家の密談のようなイメージが(偏見)。
やはりお鍋は楽しくつつかないと。
まず牛そぼろとすき焼きの具材。

「卵はお割りしてよろしいでしょうか?」卵を溶いてくださるサービスまで。

そして大御所のご登場 これが三嶋亭の 

特特選牛です

三嶋亭

「ギャー!」 (多分本当に出た悲鳴①)

三嶋亭
(Photo by M.rルー)

塗りの盆には波打つように紅い牛肉が盛られています。
三嶋亭

「………」(呼吸困難の手前)

恥を忘れて写真を撮りまくる自分に優しい中居さんはあくまでも笑顔で
「どうぞどうぞ」と言ってくれます。

田舎もんにも親切…。

まずは熱した鍋に砂糖を先に入れておきます。
三嶋亭
(Photo by M.rルー)


関西のすき焼きが今、目の前で…。

あまりに綺麗な牛肉にもったいなくてお箸がつけられないなぁ、
と思っていたら


三嶋亭

「うわぁー!」(絶対出た悲鳴②)

仲居さんは容赦なしに肉を投入してくれました。
さすがに老舗、この迷いの無さ。
アドバイスを受けながら最初だけ全てやっていただきます。

お肉にある程度火をとおして
三嶋亭
(Photo by M.rルー)
まずはこれだけで。

溶き卵をたっぷり絡めて思いっきり頬張ってみる…。

よく「極上の霜降り肉」といいますが霜降り具合も程よく、
しっかりとお肉を食べていると思えるのがこちらの牛肉。
しつこくないので最後までペロっと美味しく食べられます。

野菜を入れるとこんな感じに。
三嶋亭

こちらでは葱はタマネギと九条葱、丸い麩が入っているもの特徴です。
三嶋亭
(Photo by M.rルー)



割り下の香りが漂って、肉にある程度の火が通ったらやっと食べ頃になります。
三嶋亭

○○産の○○牛です、と特に説明がありませんでしたが
これはもう「三嶋亭の牛肉」なのでしょう。

煮えてクタクタになったタマネギも甘くなっています。


やがて鍋から牛肉が消えかけたそのとき

「すみません、二人前追加お願いします」

すみません、こんな贅沢をして…。

追加からグラムは少なくなりますが、満足度の高さはそれ以上です。
今度は自分で味を失敗しないように調整しながら作ります。
(責任重大、何とかうまくいきました。)
卵も追加してもらい、味の染みた麩と豆腐と一緒に食べると尚美味しい。
ここで最終兵器の

三嶋亭

ご飯セット登場!
牛そぼろと食べてもいいのですが、ここは禁断のお肉のご飯のせ!巻いて…パクッと。

牛鍋の口福ここにあり。

そぼろとご飯の相性ピタリでこれまたお箸がとまりませんでした。
仲居さんに美味しいです、と何度言ってもいい足りないほど
三島亭のすき焼きに京トリオは感動していました。

最後は水菓子のメロンと梨。
三嶋亭


夢のようなお昼ご飯にしばらく呆けていたのは言うまでもありません。
そぼろが美味しかったのでお土産にしてもらいました。
(ありがとうございました!)


「牛鍋底をつついてみれば文明開化の味がする」

いつかまた、特別な日に飛び切り美味しいすき焼きを皆でつついてみたいと思います。
三嶋亭






以上、最終日の2日目のレポートは終了します。

京トリオ グルめぐり第二弾、
1泊2日ながらこれまたとんでもなく面白い旅となったのでした。


駆け込みでしたがご一緒させていただいた夢八さん、ルーさん
本当にありがとうございました。

ここまで我慢強く読むのに耐えてくださった方々にも…感謝。


(これで周りから槍が飛んでこないかどうかは…)


| 京都 | 21:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はぁ・・・。(憧れのため息)

「三嶋亭」さんに行かはったんですね。
豪華ですねぇ。ごっつぉですね。
僕もお写真でお相伴に預かります。

はぁ、僕はこちらで食べたことなんか・・・。1階のお肉売り場で、切り落としを買うのが・・・。
ほんまにええもん食べたはりますねぇ。
僕は外食すき焼きやったら、その寺町をずぅっと下がった右側の「キムラ」さんです。

| さいとう | 2007/11/15 01:04 | URL | ≫ EDIT

初コメント・・・

いつも 楽しみに見にきてます。
いつも見てるだけでしたが 
「三島亭」の 写真を見ていたら つい・・・
先日はありがとうございました。
あれには(お肉) まいりましたね。 いろいろとっても貴重な体験でした。
(わたくしの写真まで使っていただいて・・・恐縮です)
京都はまだまだ初心者なので これからどんな発見があるか 楽しみです!(食べることばかり考えているわけじゃないんですが・・・)

| ルー | 2007/11/15 23:04 | URL | ≫ EDIT

ここは

→さいとうさま
勿論ここは初めてですが、「ハレ」の日にくるお店ですね。
立派なトリを飾りました。
(立派過ぎという声も…)
タマネギと麩はいい組み合わせですね。これはいいことを教わりました!

いっそ、さいとうさんに白地図をお渡しして色々書き込んで頂きたいです^^
知らない名前、気になって…!

| 小マメ太郎 | 2007/11/16 21:51 | URL | ≫ EDIT

初コメント返し!

→ルーさま
貴重な初コメントありがとうございます^^
参りましたね、なんの雑作もなくさっさと焼かれてしまったのには驚きました。

ルーさんの写真はど真ん中です!
面白発見がたくさんで楽しいです^^

京都の魅力は無限のループ(お?)、
まだまだ興味は尽きませんね!
すでに定番も出来つつありますから
それを軸にまた勉強に行きましょう。

| 小マメ太郎 | 2007/11/16 21:57 | URL | ≫ EDIT

絶句・・・

このお店の前は何度も通ったことがあるのですが・・・。
しかし美味しそう。写真も小マメさんの文章も。
山口瞳の短編小説に、親しくしているタクシー運転手の夫婦を京都旅行に招待するという話があります。山口瞳が考えに考えたコースに三嶋亭も入っていました。
すぐ近くにサンボアというバーがあったでしょ。ここも山口の小説によく登場します。

| 酔流亭 | 2007/11/17 17:09 | URL | ≫ EDIT

→酔流亭さま
自分でも、あの写真は目の毒(保養?)です。

サンボアは一店舗しかないと思っていたのですが、
この並びに確かにありました!
(まだお休みでしたが)

山口瞳の小説、これを機に読んでみます^^

| 小マメ太郎 | 2007/11/18 20:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/310-24c9b769

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。