PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最高の月末

9月30日  ~皆様 お先に失礼します~

9月最終日はちょっと近場の1人旅。

浅川


最高に美味しいお蕎麦を頂いてきました~!


わかりますでしょうか?


そうです、あの群馬の…






訪れたのは前橋の「浅川」  一足先に行ってきちゃいました!

タクシーの運転手さんは絶対に知っていますね、住所を告げなくても到着します。

浅川

浅川さんはもう小マメのお兄ちゃんのような存在です。
行くと決めてからはウズウズ・ソワソワしてまして…。
前回前々回を思い出せば自然とそうなるのも無理はありません。

お酒は「季節限定ひやおろし 五百万石」「自家製!大根葉お浸し」この日も半分以上はおまかせです^^

食べてみたかった青海苔しゃきしゃきとろろ。
浅川


鳥南蛮の抜きには思わず目が輝き…
浅川

この日は秋雨で寒かったので体に染み入る温かさに美味しさもひとしお。
前回2回ともかけを頼んで汁まで飲み干した母上。気持ちが良くわかります…。


「何でしょう?」
浅川

「モチモチじゃが芋の葛流し」
浅川
散々考えましたが教えてもらうまで分りませんでした。
じゃが芋を摩り下ろして揚げたものでモチモチとした食感です。
これを即興で出しているというから凄い!

日本酒に開眼するきっかけとなった鳳凰美田のひやおろしがお目見え。
浅川
今日は保護者(監視者)がいないので気兼ねせずイタダキマス。

メゴチの天麩羅
浅川
まったく羨ましい、この日の自分が…。
浅川
軽やかに衣をまとった身はふわっとした食感です。塩でもどうぞ。
ここは絶品の甘いにんじんの天麩羅、 と思っていたら穴子登場!
浅川

こちらは全て江戸前です^^
すでにコース料理…。
この後の小マメの暴走振りをご覧下さい。

飛露喜の純米吟醸。(念の為に書き添えますが、写真用に置いて頂きました)
浅川

鳥皮の煮こごりを蕎麦味噌のように仕立てた一品。
浅川
さり気なく出してくれるのですが、ひとつが本当に凝っているのです。

贅沢お試し一口は 醸し人九平次 大吟醸。
浅川

そしてあわせてお願いした蕎麦焼き味噌は葱がたっぷりです。
カリカリの表面と下のねっとり感、それに加えて香ばしさも…。
浅川
美味しいと、 ゆっくり味わう前にお箸が止まらない。ちょっとずつを心がけます、ハイ…。

口福並んだ小マメ太郎のテーブル、やたら感じる隣のお客さんの視線。

そして、真打登場です! 「金砂郷蕎麦 ・ 満天」
浅川

他では絶対に見られない、これが浅川 お兄ちゃんの蕎麦。
浅川

香りと  甘みが  違います。

出てくる言葉が変になるほど この蕎麦に圧倒されてました。 
浅川
少しの温もり、それをもってさらに香りたつようです。まるで蕎麦同士でお互いを…と
これはお兄ちゃんの計算?

薄緑色の半透明、噛めば噛むほど増す甘みが堪りません。蕎麦は噛むもんだ!
浅川
うぅ~すごい…。蕎麦好きの細胞が一斉に目覚めてしまうお兄ちゃんの蕎麦、最高です。

そして満天
浅川
ふわーっと広がるせいろ、満天の甘みはギュっとして蕎麦はさらにモチモチしてます。
浅川
いいのかな…こんなに美味しい蕎麦を一人で食べて(汗)
「甘い、美味しい」繰り返しでる言葉はその一辺倒で自分でもボキャブラリーの少なさが悔しいです。

蕎麦掻き
浅川
前に頂いた蕎麦掻きはツメを合わせてありましたが、蕎麦自体の美味しさをもっとストレートに…と
変えてあります。
浅川
この蕎麦掻きはまるで宝箱です。
最大限に引き出す浅川の蕎麦掻きまで食べられて…


蕎麦の香りと甘みに酔いながら、一段落ついたお兄ちゃんと何十分と話し込む小マメ太郎。
列車の時間、言われるまで気が付かない始末。

お礼もそこそこにお店を後に…。(ギリギリ間に合いました)

お酒もたくさん飲んだけれど、この日は自分でも蕎麦の香りがするんじゃないかと。
それほどの蕎麦だったのです!


中にはそんな人が一人くらいても良いなあ と思ってしまいました。

浅川

またこの暖簾をくぐりに…。

| お蕎麦 | 00:06 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

指導2回!で1本負け

いやあああ~、まいった。

>いいのかな…こんなに美味しい蕎麦を一人で食べて(汗)<

。。。もちろん駄目です。


>この日は自分でも蕎麦の香りがするんじゃないかと<

。。。いつか、食べられますよ。

| 夢八 | 2007/10/13 11:26 | URL | ≫ EDIT

そして退場?!

→夢八審判員さま
「秋雨に防水加工の小マメ凧」です。

ふっと抜ける香りすら逃したくありませんでした…。
あの日あのときに戻りたいです~。

なので、秋が更に深まる頃には再び…^^;

| 小マメ太郎 | 2007/10/14 00:11 | URL | ≫ EDIT

きゃっ!

小マメちゃん、ずるいぃ~~!
と、すこしカワイコぶって言ってみたりして^^;
この日は、せっかく誘ってもらったのにボーイフレンドとデートの約束が入っていたため、ご一緒出来ずに残念でした~。
浅川で一人蕎麦屋酒を堪能してきたんですね。は、やっぱりずるいぃ~(笑)
浅川店主のことを「お兄ちゃん」?
じゃあ、弟って呼んでいる花まきと小マメちゃんは姉妹?
わっお!
これからもよろしくね。
(親子じゃなくって良かったわい(笑))

| 花まき | 2007/10/14 22:12 | URL | ≫ EDIT

妹よ!

可愛らしい妹ができて、浅川さん、喜んだでしょうね。
我ら夫婦は浅川さんと姉(兄)と弟の盃を交わした仲なので、小マメさんは浅川弟を介して我らの妹分ということになります。
よろしゅうに。

| 酔流亭 | 2007/10/14 22:42 | URL | ≫ EDIT

もう少しお飲みになられましたが・・・

兄”弟姉妹揃いましたね。
そこで次回のオフ会の肴を1品。
兄”姉さん妹はあと1銘酒イキマシタ!(嘘つき)
お帰りの電車内は良い吟醸香が・・・。

| sam兄 | 2007/10/15 22:24 | URL | ≫ EDIT

てへっ!

→花まきお姉さま
いいのかな、いいのかな…と思うと同時に
「よいではないか、よいではないか(悪代官?)」
で結局こんな贅沢させて頂きました♪
次回はお姉さまもご一緒に…。

雨振りのノンビリしたデートもたのしそうでしたね!
花まきさんの可愛い小さな彼氏によろしくです^^

| 小マメ太郎 | 2007/10/15 22:28 | URL | ≫ EDIT

お兄様!

→酔流亭お兄様
可愛い、かどうかはわかりませんが
良く食べる元気な、というのは確実です(笑)
今ではすっかり妹気取りで^^

盃を交わす…しびれます。漢の世界が…!
これからも、よろしゅうおたのもうします!

| 小マメ太郎 | 2007/10/15 22:34 | URL | ≫ EDIT

あれれ…

→お、お兄さま

やっぱりちょっと良い気分が過ぎたのでしょうか?
大変大変、頂いたものがまだあやふや…(大汗;;)
あれれ、吟醸香のほうがやはり?
では次こそはお蕎麦の香りで^^

| 小マメ太郎 | 2007/10/15 22:55 | URL | ≫ EDIT

おひとりさまで。

いかん~!!いかん~!!おひとりそんな楽しんでいかん~!!
ピュ~ンの小マメちゃんたら・・・小マメちゃんたら・・・。あは。
本当に小マメちゃんには「お兄ちゃんただいま」さね。
あの口当たりお蕎麦、よみがえりニンマリなってまうさ。
がじゅのお手手さ引きて連れてって~!!あは。

| がじゅ。 | 2007/10/17 09:47 | URL | ≫ EDIT

弾丸の如く

→がじゅ。さま
飛び出して行って…(笑)
私も思い出してはニンマリニンマリしちゃいます。
秋晴れの前橋、ご一緒するかし?!

秋深し隣も蕎麦の香るひと

になりたいです^^;

| 小マメ太郎 | 2007/10/17 21:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/290-9615da69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。