FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イシにまつわるエトセトラ

9月22日 ~初恋ならぬハツカン(西)蕎麦編~


天竜寺をしっかり目に焼き付けて、嵐山からレトロな列車に乗ってやって来た「車折神社」。
列車

列車
嵐山周辺の人並みが嘘のように静かな場所です。
踏切を渡りすぐに見える「蕎麦処いしたに」。口開けのお客のようでした。
いしたに

いしたに
8人がけの大テーブルと4人がけのすっきりした造りでご主人もお若い方です。

シンプルな店内で一際目立つ三台並んだ石臼。
いしたに
この三台は溝の太さがそれぞれ異なっていて、石臼の目立てから装置までもがご主人の手作りなのです。

いしたに
粉の過程も分かりやすくしてあります。

試験管には蕎麦の実が産地ごとに並んでいます。
いしたに

9月とはいえまだ暑い京都。まずは喉を潤しましょうとビールと冷酒。
乾杯はえぇと…「無事に京都についたね」でしょう(笑)
早速 出汁巻き玉子
いしたに
関西の出汁巻きだと思うと意外でした。
浸っているとは思っていなかったのでここで一気に楽しみが増します。
板わさ
いしたに


あっという間にあいたビールを追加してから鰊も注文します。
太身の鰊はホロホロと柔らかくとても美味しいです。
いしたに
札幌の下倉孝の磨き鰊という拘りのもの。
冷酒とここでせいろを一枚貰うことに。
いしたに

いしたに
小山に盛られた細切りの蕎麦、細かな蕎麦粉で打たれたようで滑らかです。
蕎麦の香りや風味というより、水と蕎麦の甘みを共に感じます。
汁は醤油を控えめにして、蕎麦の味を生かすようです。

またここで一品料理に戻ります。
近江鶏の鶏焼き
いしたに
小マメ太郎は近江の文字にやたらと惹かれたのが正直なところです(笑)
ジューシーで良い弾力の肉は大評判でした。

玄挽きもいただきました。鴨汁は先にぬきでお願いしでみたものです。
惜しげもないほど並々と入っています。
いしたに

京都なら九条葱、しかしここでは違います。
先ほどの出し巻き玉子といい、「関西」「京都」の枠は払うべきなのかもしれません。
いしたに
同じスタイルで出てきた黒い蕎麦もかなりの細切りです。
柔らかな香りとこれも喉越しのよさがありました。こちらもまた水の旨味を纏っています。

最後にまたそれぞれ一枚づつ。小マメ太郎はひやかけにしました。
いしたに
澄んだ色のつゆはほんのりとしたわずかな酸味があります。
いしたに
それは出汁を決して霞ませるのではなく、爽やかさを添えているように感じました。

蕎麦湯はとろみのあるものです。
いしたに


もちろんグルグルと石臼をまわしてみる、これは初めてです。
いしたに
手挽きの手間を思うと頭がさがります。

いしたに

先ほどは禅寺で長い歴史を思い知らされたばかり、そして今は蕎麦処いしたにで新しい試みを感じています。古都はこれだから面白いのかもしれません。
到着してまだ数時間、やはり京都には魔物が潜んでいるのでしょうか。

次は ~先斗町を歩く編に続きます~

| 京都 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/278-59be05bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT