PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名門ホテルに学ぶ

9月某日 

ある記念パーティーに出席するため(といえど仕事)帝国ホテルへ。

帝国ホテル

ラウンジはともかく、宴会場は初めてでした。


コース料理を頂いたので写真が多いです。

帝国ホテル


続きは…



並べられたシルバーを見ただけで緊張する小市民な小マメ太郎。

まずは白ワインがサーブされます。
続いて前菜。

海の幸和風庭園造り
帝国ホテル

ソースヴィグレットシャンパーニュ
フランス産フォアグラとリドヴォーのポワレ 茸を添えて。
帝国ホテル
器を開けるとこのように。
帝国ホテル

トリュフのラヴィオリ入りダブルコンソメスープ。
ラヴィオリ入りのスープ皿にその場でコンソメスープをサーブ。
帝国ホテル
やや酸味が強い味で、ダブルとは?と考え込んでしまいました…。
帝国ホテル

ここで数種類の中からパンをチョイスします。
用意されていたコクのあるバターを塗っても美味しい。
帝国ホテル

新鮮な鮃の栗風味オーブン焼きシャンパンソース。
帝国ホテル
バターだけでパンが無くなりそうですが、このソースを最後に拭っていただくのも最高でした。
帝国ホテル


キーロワイヤルのグラニテ。ここで一度さっぱりさせます。
帝国ホテル
卵形の器が可愛いです。
帝国ホテル


このときに赤ワインが入ります。
しかし飲み慣れないせいか赤は口にあいませんでした。


特選和牛サーロイン肉をじっくりと焼き上げたローストビーフ
レフォールと松山産長なすのグラタンを添えて。
帝国ホテル
後がけのソースもくどくなく、ボリュームがあるのに最後まで美味しくいただけます。
ポテトに包まれたな長なすのグラタンも一見は付け合せのようですが
これが秀逸でした。
帝国ホテル

フロマージュブランのムース仕立てヴァニラ香るレモンのジュレと共に
帝国ホテル
フワッとしたムースは上品な甘さです。
それにレモンの爽やかな酸味が合わさって最後のデザートまで楽しめました。

コーヒーと小菓子
帝国ホテル


これでコースは終了です。

料理もですが、ホテルのスタッフの方々のサービスの素晴らしさが印象に残りました。
特にこの日は仕事でしたから一緒に準備を進めていたのですが、
細部までキチンと見ているのはさすがに名門と言わしめるホテルのスタッフです。
少しは見習いたいと思いますが…。

大変貴重な経験でした。

帝国ホテル


美味しかった…自腹を何回切ったらまた来れるでしょうか(苦笑)

| 出来事 | 23:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素晴らしい

流石帝国ホテルですね
一部の隙きもない料理ですね。

完成されすぎの感もありますが、
鮃の栗風味オーブン焼きシャンパンソースはちょっと抜群な仕上がりですね。

ダブルコンソメスープは、村上シェフ
当時からのお得意物でした。

肉や魚貝からゆっくりヴィヨンをとって、コンソメスープにして、
さらにそのしょくざいを煮込んで
ヴィヨンをとって、コンソメスープにします。2回手間をかけます。

濁りの無い澄んだスープだけが
コンソメの名前を与えら得ます。

よい料理を食べましたね。

| 夢八 | 2007/09/13 08:23 | URL | ≫ EDIT

>肉や魚貝からゆっくりヴィヨンをとって、コンソメスープにして、
さらにそのしょくざいを煮込んで
ヴィヨンをとって、コンソメスープにします。2回手間をかけます。

濁りの無い澄んだスープだけが
コンソメの名前を与えら得ます。

→夢八さま
大変勉強になります!
私はこれが本当にフレンチのデビューといっても良いのです。

旧帝国ホテルのモデルを見たことがありますが、素晴らしい造りだと思いました。
ホテルは新しくなりましたが外観だけが伝統ではありませんね。

知らずのうちに自分に良いものが取り込まれているなんて、これぞ贅沢者ですね^^;

| 小マメ太郎 | 2007/09/13 22:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/267-dc6bd335

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。