PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高麗川の鮮やかな紅

8月11日 ~紅色の花の町~

本をもって何も決めずに来た電車に乗る、こんな事は割りとやりがちな小マメ太郎です。
この日最初の電車は下り方面、線を乗り換えまた乗り換え…。

川越を越えて、彼岸花で有名な巾着田のある「高麗川」にやってきました。
駅より歩いて30分、紅色の幟がはためくお店。

「百日紅」
お店

男の隠れ家でも紹介されていましたが、同じ県内でもちょっとした小旅行にきた気分に…。
金曜日にしか提供しない粗挽き蕎麦のエピソードを読んでとっても気になっていたのです。
玄関をあがると畳敷きの部屋。
店内
今の時期にぴったりのパッチワークはスイカ。

腰を落ち着けると揚げ蕎麦と蕎麦茶をもってきてくれました。
揚げ蕎麦

喉が渇いていたので自家製のシソジュースを。
紫蘇ジュース

イノシシ年らしく楊枝たても可愛らしいです。後で聞いたのですが奥様の自作だそう。
各テーブルにあるイノシシはそれぞれ表情が違います。
イノシシ

センス良く飾られた蕎麦猪口たち。
猪口

金曜限定は十割の粗挽きですが、粗挽きも提供しているとのことでしたがこの日は売り切れ。
お品書きとは別に季節のお蕎麦に惹かれて涼味蕎麦を頂くことにしました。
蕎麦猪口が別に付いているのは蕎麦湯を楽しむため。
こんな気配りがとても嬉しくなってしまいます。
涼味そば
じゅんさい、みょうが、シソ、クコの実と彩りも鮮やかなぶっかけ蕎麦。
良く混ぜてどうぞ、というのでシソを先に散らしてから思いっきり混ぜて…。
涼味そば
じゅんさいのとろみとまろやかな汁が細切りの蕎麦にそれは良く絡みます。
涼味そば
爽やかな香りをかもし出すシソに決して負けない、きりっと冷水で締められた蕎麦は
暑さでほてった体にぴったりです。
クコの実のほんのりとした甘さに清涼感ある茗荷と、調和のとれた涼味蕎麦。

来る途中でお店に電話をしたので、「どんな人が来るのか気になっていました(笑)」と
いうご主人とお話しすることが出来ました。
粗挽きが切れてしまって蕎麦はないのですが、と作ってくださったのは
なんと粗挽きの蕎麦掻きです。
粗挽き蕎麦掻
掻いてから蕎麦湯に一度入れるという蕎麦掻きは
滑らかに掻かれてそのまま食べるとその甘みがダイレクトに味わえます。
本と蕎麦掻
蕎麦掻きが出来上がるまで時間がかかりますから、と貸してくださった本。

さらに…
「ぜひシンプルな蕎麦も食べていってください」とせいろまで(驚愕)
せいろ
水切りの小気味良い音がして、暫くすると丁寧に切りそろえられた細切りのせいろが
高台のある笊に盛られて登場です。
「うちは量が多いから残してもかまいませんよ」と言われましたが小マメ太郎にはまったくの杞憂でした。

喉越しのバツグンの蕎麦には、濃い蕎麦汁をほんの少し浸して頂きます。
せいろ
すすりこむと同時にとやさしく香るせいろ。
せいろ

「皆さんには濃すぎる、と言われますね」
蕎麦には少し浸けて、とろみのついた蕎麦湯でのばして最後まで蕎麦を楽しんでいただければ、とご主人の言葉。
蕎麦湯
小マメ太郎もしっかり堪能しました。
お品書きに

ご意見・ご感想をどうぞ、とお品書きと一緒に置かれたノートがありました。
パラパラと捲ると訪れたお客さんの「美味しかった、また来ます」の文字が書き連ねてあります。
拙い文章ながら、小マメも書かせて貰いました。

その中にはあの本の著者の感想も…。



蕎麦湯で一息つきながらすっかり話し込んでしまいました。
お話を聞けば聞くほど蕎麦の世界は狭い…と感じました。
「蕎麦の人を繋ぐ縁というのは本当に不思議です。
打つのも勿論ですが、だから蕎麦は面白いし大事にしたいしですね」
甘味と箸袋

金曜日にしか粗挽き十割を打たない拘りはお客さんを大切にする
ご主人と奥様の心の表れなのでしょう。

私も蕎麦を通して知り合った方々との出会いを大事にしたいと心から同じように思います。

長居をしてしまい、お二人に見送られて高麗川の駅まで戻ります。
旗

百日紅
お店の幟と同じ色の紅日花が通り沿いに咲いていました。

日暮れ

| お蕎麦 | 08:47 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これはよさげな・・・

こんばんは。
本を持って何も決めずに、来た電車に乗る・・・。
これって最高の贅沢ですね。
百日紅の花もきれい。素晴らしい一日を過ごされたようで。暑い日々が続いていますが、彼岸花の季節も、もうすぐです。

| 酔流亭 | 2007/08/14 18:18 | URL | ≫ EDIT

なんと、なんと、
よいお蕎麦屋さんに行かれましたね。

写真とコメントを見ているだけで
よい応対の雰囲気が聞こえてくるようです。

それにしても、その華奢な体で、姫は大食なことですね。
この夢ハがそこに参加したら、
お店のものを平らげそうな勢いになるかも。

この週末も・・羨ましい。

| 夢八 | 2007/08/14 20:33 | URL | ≫ EDIT

コメント見ないで

>本をもって何も決めずに来た電車に乗る、

カッコイイ!
って書こうとしたら、酔流亭がもう書いていた(^^ゞ
同じトコに反応したんだわ。

日にちを見たらレンチャンでお出かけだったのね。
さすがです~
「百日紅」、心温まるお店ですね。私もいつか・・・

| 花まき | 2007/08/15 12:52 | URL | ≫ EDIT

→酔流亭さま
あと少しであの紅い花が咲き乱れる様子を見たいですね。
そのときにまた訪れたいと思います。
百日紅、道沿いにずっと咲いていて綺麗でした^^

最近本を買いすぎなのですが、見ているだけでも楽しくて(え、見ているだけ?)仕方ありません~。



| 小マメ太郎 | 2007/08/15 18:25 | URL | ≫ EDIT

→夢八さま
とても温かいお店ですっかり和んでしまいました。
人気メニューや、オススメも多数ありまして
散々悩んで、結果…蕎麦掻きとせいろまで(苦笑)
夢八さん、3品ぐらいは?

「きのこ蕎麦」もご主人オススメでしたので
次は…と思っています^^
お休みの間は三昧します!

| 小マメ太郎 | 2007/08/15 18:36 | URL | ≫ EDIT

→花まきさま
休みばかりにお出かけがてら蕎麦食いに…。
こんなお店に出会うと、ますます蕎麦が好きになります。
上り方面だったらどこに行っていたかな~と。

電車が主な移動手段になってますが車に乗ったら一体どこまで行ってしまうか(笑)空恐ろしい…。
今度運転して出掛けてみようとは思うのですが。

| 小マメ太郎 | 2007/08/15 18:45 | URL | ≫ EDIT

またまたきれいなお写真ですね。
おそばもジュースも、そして、最後の夕景も。
じゅんさいそばの盛り付け、色が目に飛び込んできます。
しそジュースも然り。
まさしく、刺激的な夏。『真夏のパッション』ですね。
こんな刺激なら、僕は大歓迎です。
最後の夕景は、なぜか郷愁に浸らせてくれました。
あっ、
今日、近所の佃煮屋さんの作業場直売のお豆さん、買いに行こうと思います。他の佃煮も。近くにありながら、未経験だったので、どんな『パッション』が待ち受けてるか、今からドキドキワクワクです。

| さいとう | 2007/08/18 08:58 | URL | ≫ EDIT

なかなか・・・

コメントしに遊び来れんさ~!!お久しぶりさ。
読み逃げばかりしとったけんど、もう羨まし過ぎなのね!!
がじゅ、この「そばがき」お目目さ釘付け・・・。
よだれ拭う余裕さえ無しのね~。あは。
また早う小マメちゃんとお蕎麦さ囲みとう~!!!
またゆっくり遊び来るさね。

| がじゅ。 | 2007/08/21 10:37 | URL | ≫ EDIT

大変

→さいとうさま
遅くなってごめんなさいです。
私も鮮やかな色彩にウットリしました!
クコの実は単に綺麗だろうと思って…とのことですが、
甘みがあり茗荷と合わさったときにこれは色あわせだけじゃない!と思いました。

佃煮美味しいですよね、浅利が大好物です。
小マメ太郎は胡瓜を齧りながら食べちゃいますよ。
ず~っと噛んでいたいような、沢山食べたいような(笑)
浅草のお店と日本橋のお店など、行くとつい覗いてしまいます^^

| 小マメ太郎 | 2007/08/26 07:32 | URL | ≫ EDIT

→がじゅ。さま
こんにちは!
いやいやこちらこそコメント返信遅くなってごめんなさい!

私もがじゅ。さんのアイデア料理をじっくり見させて頂いてます^^
何だか機嫌がヨロシクないPC姫のお相手は苦労します~。
またじっくりお蕎麦楽しみたいですね!
最近大食感なのでがじゅさんブレーキお願いします(苦笑)

| 小マメ太郎 | 2007/08/26 07:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/255-995c89de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。