PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤坂観世水

11月21日「赤坂観世水」

出先の赤坂で気が付いたら14時過ぎ…お腹も空いたので駅前をウロウロ。
今日のランチは「赤坂観世水」。
観世水

営業しているか不安になりながら地下に続く階段を下りる。
入り口でまだ大丈夫か尋ねるとあっさり通されたので一安心。
店内には他にお客さんはおらず、外のお品書きで決めていた3色を注文。
元気の良い声のオーダーが厨房に通って、出された緑茶を飲んでほっと一息。
あれ、店員は男性ばかり?

スッキリした店内
観世水②

お品書きの豊富なお酒の種類を何度も見ていると
あがったよ!と声がけがあって蕎麦が運ばれてきた。




薬味の葱はたっぷり、大根と山葵。

一枚ずつ、最初は「紫蘇切り」
紫蘇切り

紫蘇切り②
紫蘇の葉が鮮やかに、透明感のある蕎麦に散らばっている。

続いて「せいろう」
せいろう

せいろう②
白っぽい色に、切りそろえられた蕎麦は少しばかり柔らかい食感。

三枚目に「田舎」
田舎
太さは丁度割り箸ほど。せいろうを味わった後では強い印象が残る。
田舎②
新橋の本陣房と良く似ている。コクのある濃い目のつゆにたっぷり絡ませて。

蕎麦湯も丁度良い濃さ。
蕎麦湯
飲み干したところでお替りを聞かれたのでもう1杯お願いする。

接客にあたってくれた方は、お店の蕎麦や蕎麦湯について沢山の話を聞かせてくれた。
小マメが「変わった七味だな…」と思ったものは観世水でオリジナリティを出しているのだとか。
お品書きにもちょっとした仕掛けがあることも教えてくれた。
20分ほど話し込んでしまったので、すっかり観世水の蕎麦についても詳しくなってしまったよう(笑)

「月曜日から蕎麦粉の産地が変わるんです、また来てください!」

これは絶対食べに行かなきゃな…。また色んな話を聞かせて貰おう。


観世水。

| お蕎麦 | 20:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小マメさん、お元気なようですね。
相変わらず、ベーグルされてますね。

観世水、僕も一度8月に行きました。肴がすごい美味いところで
魚の生ものが美味しかったですね。

蕎麦は二色でしたが、田舎が噛み応えがあってよかったのを
憶えています。

| 夢八 | 2006/11/25 23:26 | URL | ≫ EDIT

→夢八さま
おはようございます。
朝食がいつもベーグルなもので消費量は半端ではありません(笑)
いっそ作ろうかとも思うのですがなかなか…。

観世水のお店の方と話して、「赤坂という場所だからこそ店はこうありたい」
という気持ちが伝わってきました。
時間関係なく肴類も頼めるようだったので我慢するのは大変で(笑)

心くすぐられたのは七味でしょうか。
蕎麦湯に入れたのですが、他では味わえない珍しいものでした^^

| 小マメ太郎  | 2006/11/26 07:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mame6420.blog60.fc2.com/tb.php/120-85e89bc5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。