FC2ブログ

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

思い出の更新

9月22日 京都 夜

幸と不幸の喜幸の夕餉 ~結果は口福で決まり~

初日にして最後の京都の夜。
夢八さん花まきさんの話を聞いてずっと憧れていたお店でした。
こんなにも早く来ることができて正直驚いています…。

概観の写真、途中でお店の方が出でこられた。
喜幸
(狭い路地で撮影に夢中になっていたので不審者に思われたのでは…(ビクビク)
予約席はご主人の前です。

昼間に続きまして、ビールと冷酒で乾杯 初めは魯山人です。
喜幸
チロリを手桶で冷やしています。なんだかいいなぁ…。

突き出しの青豆の豆腐。
喜幸
たっぷりと掬ってもらい、これまたテンコ盛りの葱。豆の味が濃くてこれでもうクラクラです。
掛けてあるメニューが見えないでしょうと、女将さんが書いてくださった手書きのもの。
(写真 豆腐の奥)
一息ついたところで刺身から「目板カレイ」。
喜幸
円らなカレイの瞳。

ご主人の手に掛かれば…

喜幸
あっという間に変身。透き通る身は厚くコリコリとしています。三人でも十分なほど!

続いてこのお店が鴨川で採るという「はや」、鴨川の恩恵ですね。
三種類の調理を選択出来ます。
その中から唐揚げを注文。(見たら南蛮漬けも美味しそうでした…)
脇の水槽で元気に泳ぐはやを注文の度にタモで掬います。
その登場には感動が待っていました。

泳いでおります。
喜幸

水がなくても、泳いでいおります。
喜幸
そして小マメには感動の波が押し寄せております。

一口で食べればこの苦味が堪らないと三人とも唸る…。

他のお客さんの南蛮漬けに挽かれながら桃の滴を追加。
喜幸

更に太刀魚の白焼きを食べながら夢八さんとお店の思い出話に花が咲きます。
喜幸

「随分時間は空いてしまったけれど…」夢八さんは嬉しそうでした。
時が経っても思い出のお店があってまた訪れるなんてとても素敵です。
そんな場所、これから自分にも出来たらいいな そう思いました。


楽しい時間はまだまだ続きます。

鱧は天麩羅にしてもらいました。
喜幸
万願寺唐辛子と南瓜も鮮やかな色に。
喜幸

お吸い物にちょっぴり鱧しか知らない小マメ太郎、これが初めてきちんと食べたことになります。
黄金の衣を纏ってふうわりと揚がった柔らかな鱧は本当に美味しい。

鴨は絶妙なレアで厚みはあるのにとっても柔らかい。
喜幸
こちらは葱のテンコ盛りを巻いて頂きました。
しかし、お昼の鰊もこの鴨焼きといい京都は何かが違います。

先ほどのカレイはこんな姿に二度目のお色直しとなりました。
喜幸
バリっと割って骨煎餅。

「火傷しないように気ぃつけてな~」とこちらはアツアツの賀茂茄子の田楽。
喜幸
等分されているので喧嘩にはなりませんよ^^;

続いての生湯葉は上から出汁をかけて出されます。
喜幸
「山葵を溶いてください」とその通りに。この汁が残ることはありませんでした。


この宝箱に入っているのは…
喜幸

雲丹でございます。
喜幸
天草の雲丹は今が一番美味しいとのこと。
北海道で食べる以外の生の雲丹は美味しくないと今日までなるべく避けてきた自分。
鱧と雲丹もここが最初なんて不幸だね
これから他で食べれなくなると大変だというのが先輩方のお言葉です。幸か不幸か…。
少なくとも今この時は口福です。

ではそろそろ…という頃に「ご飯とお新香がありますよ」
「…いいのですか」
喜幸
勿論三人ともお願いしてしまいました。

ルーさんが突き出しの一品「てっぱい」を頼んでご飯と一緒に頂きます。
葱(とここでは貝)を酢味噌で合えたぬたのこと。
喜幸
食べたときに葱から鉄砲のように味噌がでるからこのような名前だそう。これも京都のおばんざい。
長芋のわさび漬けがまた美味しいこと…。
喜幸

散々お酒も飲んだのに、最後白いご飯と漬物で〆たのですっかり
「実に健康的な夕食だったなあ」と思ってしまう小マメ太郎。


夢八さんの中で、ここでのひと時はまた新たな思い出として更新されたのでしょうか。

一度で惚れてしまった、京都のとても暖かいお店。
大事な場所に連れて来ていただいたことがとても嬉しいです。

今夜は夢のような時間を過ごしました。




しかしここで終わらないのが
「グルめぐり」です。



おまけにしては…。


≫ Read More

スポンサーサイト

| 京都 | 23:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お昼の先斗町は

9月22日 昼の先斗町歩き

いしたにを後にして、再び中心地に戻ってきました。

夜の京都は花小路・先斗町が有名ですが、昼間の先斗町は静かなものです。
お店をチェックしながら路地に入り込んだりするのが楽しい。
犬矢来や水のまかれた路、小マメにとっては全てが特別です。

先斗町から一度離れて喫茶店に行きました。
湿気が多い京都は歩き回ると汗をかいてしまいます。

「築地」
築地@京都
目を惹く看板と名前。(奥にはミュンヘンの看板が見えるし)
三人揃ってに「なぜ築地???」と首をかしげた喫茶店。
築地@京都

入り口は西部劇に出てくるバーのような扉でした。
黒光りするどっしりとした内装、まるでタイムスリップしてしまったような印象を受けます。


築地@京都

夢八さんは懐かしのバナナセーキ、ルーさんはコヒーフロート。

一方の小マメ太郎、落ち着きなく店内をキョロキョロ。
ここは京都、古都京都……だっただろうか?

さて、アイスコーヒーを頼んだらコレです。
築地@京都
こちらはミルクとシロップを入れるのは当たり前?
何も聞かれなかったブラック派には衝撃的…。

かの名店も初っ端から入っているし、また一つ京都スタイルをお勉強できました。

| 京都 | 11:42 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月