FC2ブログ

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

一休さん

「本郷もかねやすまでは江戸のうち」の本郷にあるわけではありませんが、
東武線の梅島駅の蕎麦屋「本郷」。
商店街を曲がったところにおあります。
本郷



さり気なく佇むお店だな、とふと下を見たら
「春夏冬中」
「……」
本郷

この看板 「春夏冬中」に目を釘付けにさせらました。
お店に入る前に、この意味を解かなければ…と思ってしまいます。
暫く間があってダジャレ好き?の小マメ太郎その意味がわかってスッキリ!
漸く入店と相成りました。

「あの季節が ナイ」のです。
「このハシを渡るべからず」を解いた一休さんのよう、トンチみたいですね。

オススメにある「冷酒セット」
「清泉」と蕎麦味噌
本郷

自家製刺身こんにゃく、鴨の燻製、板わさ
本郷
板わさも美味しいし、こんにゃくが自家製とは嬉しいです。
鴨の燻製にはワインの方がが合いそうです。

セットの蕎麦は通常せいろのところを田舎にしてもらいました。
本郷

想像以上に色が黒くて驚きました。
艶やかで中細切りの蕎麦は水切りもしっかりされています。
本郷

ゴワゴワした食感では、滑らか。香りが良くて噛んでみると所々でプチンとした食感に出会います。
本郷

汁は辛口のスッキリとしたものでした。
本郷


お昼のセットでは天丼の他に「鴨ネギ丼」がありとても気になっています。
鴨の丼ぶりとはなかなか珍しい…。
接客にでていた奥さんもオススメされていたのでチャンスがあれば食べてみたいです。
「お酒も揃えてますので夜もいらして下さいね」
その言葉の通り、冷蔵庫には銘酒が並んでいました。
本郷


(「いらっしゃいませ」)

今度この看板、どなたの思いつきなのか聞いてみたくなりました(笑)
スポンサーサイト

| お蕎麦 | 07:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月