FC2ブログ

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

久しぶりに…

吟八亭を後にして…

亀有の駅の北口、こんなナチュラルなカフェがあります。

「豆かん」があると聞いたのは随分前だったのですが…。

久しぶりの豆かんの文字が眩しい…。
篭

コチラはアイスが売りなので「イチジク」のアイスと豆カンの組み合わせをお願いしました。
店内はギャラリーも兼ねていて、貸しスペースの作品を購入することもできます。

アイス豆かんがこちら。
篭

篭
トロリ濃厚な黒蜜をかけて。イチジクアイスはシャーベットのようでアッサリしています。
篭
久しぶりに食べた豆カン、やっぱり大好きな和菓子です。

残念ながら、カフェはあと少しで閉店してしまうそうです。
新しいフレーバーのアイスも秋らしいもので美味しそうでした。

スポンサーサイト



| 食べ物 | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初志貫徹 ならず

~思い出すから難しい~

亀有にフクロウが住まう蕎麦屋があります。

吟八亭 やざ和

亀有という下町「吟八亭 やざ和」

ある日のやざ和 
お酒とおつまみ、せいろのセットの吟ほろろ。
蕎麦味噌・黒豆とうふ・鰊煮・佃煮
吟八亭 やざ和
色々食べたいお一人様やちょっと飲みたいときにぴったり。

吟八亭 やざ和
そして最後を飾る「せいろ」。
吟八亭 やざ和
飲みながらつまんで、〆にせいろ。
一品づつどれも確かに美味しくてじっくり頂いたのに、せいろを一口食べると口の中が全てリセットされているようです。
蕎麦を食べるためだけの舌になると言いますか(うまく表現できず)。
セットですから「流れ」を考えていると思うのですが…
小マメ太郎、このせいろを食べると0からのスタートになってしまいます。

そしてまたある日、黒豆豆腐と限定の田舎。
吟八亭 やざ和

まだありますよ~と言われて頼むこと数回。
この色、細切りながら力強い蕎麦の野趣溢れるような香りと味わい。
吟八亭 やざ和
鼻から抜ける香りすら逃がしたくなくなってしまいます。
吟八亭 やざ和


次は絶対にぶっかけおろしに…!と決めたある日、
つい吟ほろろを頼んでしまいました。
吟八亭 やざ和
黒豆とうふは最早定番。このコックリとした味の鰊と昆布はどうにも
「セットのお酒では足りないでしょう?」と言わんばかり。
この日のおつまみ。
吟八亭 やざ和
「今日のお酒はは九平治ですよ」  あぁこれにして良かった…。
そしてせいろです。
吟八亭 やざ和
田舎と同じく細切りですが、見た目から全く違います。
コシや香りともに、たおやかさが全面に出されているように感じます。
吟八亭 やざ和
田舎以上にほどけるような食感とふくよかな印象を持つ蕎麦です。
吟八亭 やざ和
この濃厚な蕎麦湯も忘れてはいけません。
吟八亭 やざ和



ご主人オススメの絶品のそばがきも食べたい、夫婦蕎麦も…。
また今日も他のメニューにたどり着きませんでした…。

吟八亭 やざ和


吟八亭 やざ和
(「またおいでよ」)

田舎か吟ほろろの二つのメニューから抜け出せない、しっかり無限ループにはまったようです。


吟八亭 やざ和

| お蕎麦 | 08:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月