FC2ブログ

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

掟破りの誘惑

8月某日 ご機嫌な運転手


東京は五反田ではなく「野」が最寄駅のお店。
五反野から歩いてすぐ、暖簾がゆれる「そば遊膳とりい」。

午後にご帰宅の姉上様よりお迎えの要請があったので比較的家から近いところでお昼にしました。

昼の時間から少し外したのに店内は沢山の人で、近所の方が多いようでした。
とりい
ゆとりのあるカウンターも居心地がいいです。

まずはお豆腐を。
とりい
一人前でも中々の大きさ、滑らかでスルリと喉を通ります。

とりい
この塩で頂くのですが、色は砂糖のように見えます。

一品料理は定番から変わったものまで。
その中で気になった「朴葉焼き」を頼んでみました。
とりい
茸 しし唐 海老 ホタテに鴨肉と豪華な具材。
葱と味噌を絡めて目の前でグツグツと焼いていきます。
暫く待つと味噌の香ばしい匂いが…。

ランチの天麩羅を食べていた隣の方も「美味しそうだね~」なんて。
これはお酒が合いそうです。夜にゆっくり頂きたいと思いました。


暫くするとるとお店の方が「お飲物はよろしかったですか?」と
注文の確認にやって来ました。
「はぁ、このあと車出すので…(涙)」そうです、飲酒運転などいけません!
「あら残念、次回はぜひご一緒にどうぞね」
やはりこれで頼まない人も珍しいのでしょう。

時間がせまってきたのでお蕎麦を。
天せいろに惹かれましたが「せいろ」に決めました。
とりい

とりい
つややかな蕎麦は均一な細切り。
とりい
滑らかで喉ごしがよく、自然とすするときに良い音が立ちます。
とりい
薬味の丁寧さも嬉しく、汁はスッキリとした味わいのもの。

しっかり食べたい方は二枚がよろしいと書いてありますが、小マメ太郎にはこれでも充分な量でした。(ってその前に食べてるのに…)

お会計をすませると渡されたのは何とスタンプカード!
蕎麦屋にこれは珍しいです。
集まると素敵な特典があるとのこと。やはりまた夜に来なければ…。

ちょっと前は面倒だな~と思っていたお迎えも食べたらもうご機嫌です。

安全運転で無事にこの日のお役目を果たしたのでした。


スポンサーサイト



| お蕎麦 | 22:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月