| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2009年7月上洛日記③



堂本印象美術館



堂本印象美術館 


印象っていうのから「印」やら「篆刻」の美術館だと思ってたら人の名前でした。


私はバカか。



ちょうど動物の絵画の展示中で、梟のラフ画が飾ってありました。カワイイー!
堂本画伯の絵は京都市内の観光客が訪れる寺の襖絵なども手掛けているそうだ。
あの西方寺にも…。
勿論ホンモノの襖を飾るわけにはいかないので、その下絵や原画やパネルを展示してますよ。
実際の襖は写真で公開されているので参拝するときに注目したいところですね。

いったん市内中心部に戻ります~。
スポンサーサイト

| 京都 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年7月上洛日記 ~蕎麦篇~


今まで食べた中で一番……でした。

権太呂


さて、同じくきぬかけの路沿い、金閣寺に近いほうにある権太呂。
何店舗かあるのでね、知ってる人多いと思いますが。


権太呂


なんですかね。


①湯葉蕎麦
②湯葉あんかけ蕎麦
③どちらでもない















はい。珍しい名前ですが「けいらん」です。
漢字で書いたらきっと「鶏卵」だと思いますが関東風にいうと「かき玉」かな。
暑いけどせっかく京都なので…(関西はあんかけ好きという思込み)。

ふわっふわんの玉子に色目より優しい味のあん。


権太呂
肝心の蕎麦を手繰ろうとしたら 持 ち 上 が ら な い の で す が 。
まったく蕎麦が出てこない。下手に力をいれると割り箸がめげそうです。

おき張りや!

しっかし本当に重いがな…!蕎麦ならざる重さ。
小マメ太郎が今まで食べた中で一番重い蕎麦だと 断 言 で き ま す 。
蕎麦が団子状になっているわけでもなく、純粋にあんの重さだとしか考えられません。
でも美味しい。重いけど玉子のふわふわ感は抜きん出てます。

権太呂
ランチを過ぎると甘味タイムになるので使い勝手も良さ毛。(←)
さすが京都、なのでしょうけど客の周辺観光地の質問に非常に丁寧に対応されていて気持ちの良いお店でした。

| 京都 | 21:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年7月上洛日 ~番外おやつ篇~

7月18日  ~ これは美味し過ぎるだろ~


Bee Bee blacksheep 
マザーグースは日本じゃあまり馴染みがありませんが興味のある分野ではあります。
昔流行った(?)グリムの原作よりよっぽど黒いと思うんですけどね。
上記内容は全く関係ありませんが、仁和寺→龍安寺に続く「きぬかけの路」沿いに「まざあぐうす」というケーキショップがあります。

まざぁぐうす

前からちょっと目をつけていたお店。

君 に 恋 焦 が れ て い る 。

                    どんっ


どんっ!


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

何!?この潔さは…!カボチャLEVEL8/10だよダーリン!
種のある部分をくりぬいて、かわりにプディング詰めちゃうんだよハニー!
その名も「かぼちゃの馬車」(…あれ?グリム…アンデルセン童話?)

どんっ!

写真じゃ判りづらいのですが、実はこのプリンは恐らくカボチャ1/4はあるかと思われるほどデカイのです。
厚さがだってもう半端じゃないよ…。
周りのはちょっと甘めのカラメルソースで当然カボチャは全て可食部ですわよ。
カボチャの煮つけが大好物なのでこれはもう☆☆☆☆☆に達する域です。

実際数人で分けるのが賢いと思います
でもできればフォークがあると嬉しいかな…むしろ箸でも許す。
実はドリンクの方が少々お高いというのも驚きですが。

入口がそう目立つわけではないのですが、カボチャ好きなら訪れるべきお店です。



カボチャに次いで蕎麦の話。

| 京都 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年7月上洛日記①-2




仁和寺
御室の桜で有名な仁和寺、今は青々とした葉ついてます。


今回の目的は仁和寺…ではなくて、そのすぐお隣の五智山蓮華寺。

蓮華寺



●きゅうりふうじ●

弘法大師が五智不動尊に諸悪退散、諸病平癒の祈願を込めたことが「きゅうりふうじ」の由来。
本堂脇には木箱に並べられたきゅうり、胡瓜、キュウリ。
来る人来る人が葉書を持ってますが、普通に申し込み出来ますよ。
必要事項は氏名・年齢(数え)と、直したい病名(病気が特に無い場合は家内安全とかでOK)。
本堂内で暫し待つと、上記を清書したものが張り付いたきゅうりの加持が始まります(
これは1本につき1人で1つなので要注意)。
三日三晩、身体の悪い箇所をさすって4日目の朝に清浄な土に埋めるか川に流すそうな。

が、市内のど真ん中を突き抜けても尚清らかな流れを汲む鴨川とかならともかくとして、小マメ太郎の地元の川じゃ自慢じゃないがきゅうりのご利益も一瞬で消滅しかねません。

清浄な土?何処にあるのか検討もつきません。

大きな石仏がお出迎えしてくれる蓮華寺。
ずらりと並ぶそれは迫力です。
蓮華寺
お寺にお返ししても良いそうなのですが、全く関係ない寺にきゅうりを出しても良いものなのか悩み処です。
いきなりきゅうりを差し出されても…ねぇ。お札が入っているので、食べようにもそれも憚られる感じ。
地方の皆様はどうしているのか教えてください。
そうそう、来年からは案内葉書を送ってくれるそうですよ。

| 京都 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2009年7月上洛日記①

                   今更ですが

2009年7月の京都日記とか書いちゃうよ!


年をまたぐつもりはなかったのに…変だな。(私が)

お暇な方はお付き合い下さいませ。


カレンダーが僅かにずれているお陰で2009年も上手くいかない祇園祭り。
だって山鉾がグルグル回ってんの観たのは3年前ですよ?
どんだけタイミング悪いんだ…。

7月京都
かと云って私が3連休を逃がすワケがなく、ひかり号で上洛したのが7月18日のことじゃった。
あぁっ、なんて蒸し暑いの…。


荷物をホテルに預けていざ!と思ったら駅前で朝から献血をお願いする声が。
京都にいるといって興奮し過ぎて(ましてやこの暑さだ)も困るから、ちょっと血を抜いておいてもいいか、と受付へ。
旅行?時間大丈夫?と大変お気遣い頂き恐縮です。
献血久しぶり。よくよく履歴を見たらなんと平成15年が最後!
学生→会社員に変更されました。うへぇ、歳とったなぁ私。
(これで確認しなくても良いじゃないの)。

血液の濃さも程よく400ml.を提供。
問診してくれたマダムが暇そうな私に「昨日私が撮ったのよ~」と、四条通で撮影したらしい山鉾の写真を見せてくれました。
素敵だわマダム!行けなかったから超嬉しい…!!
祇園祭トークで盛り上がる献血者の内部。
しかも写真は引伸ばしまでされてて迫力満点です。GJ…!
「あと200ml.採っていいからこの写真下さい!!」とは流石に言いませんでしたが綺麗でした。

400ml.はあっという間に終わりました。あれ?こんな早いもの?

そんな私に「前回は成分献血だったからですよ」と説明してくれました。
うん、確かに長かった。

献血

貰ったオマケも祇園祭使用で可愛いですよー。わーい!
帰り掛けに暑いから持って行きなさいとジュースを3本くれました。
都内の献血ルームに比べればおまけは少々アレですが、この暑い京都に於いて、最も必要なのはミスドでもなく水分。献血する人は土日でも1日30~40人のときもあるのだとか。
これだけ大きなターミナルなのに意外と言っちゃ意外ですね。


そこからはいつも通りで美容院へ直行してカットして貰うのです。
喋ってるうちに衝撃の事実が発覚、なんとCF京都が休刊だと!
(何ヶ月前の話だと思ってんだ…)
今号の後に事情が書いてありましたけど実質は廃刊?
ちなみに東京だと大手本屋か東京駅前の京都館にあります。
持ってないバックナンバーを今度まとめて頼もうかと思います。
ショックだ…。7月発売するかと待っていた「キョースマ!」もまだ出てないし…。
美容院を出てから久しぶりに仁和寺へ。

続きますー。

| 京都 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。